» これから出る本のブログ記事

福島原発の危機が時間を追うにつれ深まり、4月12日には国際評価尺度(INES)が史上最悪の旧ソ連チェルノブイリ原発事故と同じ「レベル7」に引き上げらました。
この危機に際して、緑風出版では今一度このチェルノブイリの事故が、当初どのように対処され、どのような被害をもたらし、どういう道を辿っていったのかをふりかえることは、「フクシマ」以降の時間を歩み始めた私たちにとって必要なことと考え、チェルノブイリの真実を伝えるロングセラー2点を、新装版として刊行することにしました。
「脱原発」への道を歩みださなければならない、私たちの歩みを確かめていくためにも、ぜひ今いちど手にとってごらんください。

チェルノブイリの惨事


チェルノブイリの惨事【新装版】

ベラ&ロジェ・ベルベオーク[著]/桜井醇児[訳]
四六判上製/224頁/2400円
ISBN978-4-8461-1106-9 C0036

1986年のチェルノブイリ原発事故が忘れ去られようとしている。だが、現地では30キロ圏の立ち入り禁止区域住民以外に100万人の住民避難が必要とされたにもかかわらず、さまざまな理由付けによって一向に避難が行われなかった。避難対象汚染地域は、300キロも離れた地域にまで及んでいた。その結果、子どもたちを中心に甲状腺ガン、白血病が激増し、先天性異常が増大、死亡者は増え続けている。そして将来これら被爆者のうち少なくとも40万人以上がガンなどで死亡するといわれている。しかも政府の無責任と国際原子力機関(IAEA)の被害隠しによって、深刻な事態が増幅されているのである。
本書は、フランスの反核・反原発の2 人の物理学者が、事故から1993年までの恐るべき事態の進行を克明に分析した告発の書である。
そして2011年3月11日、日本でチェルノブイリの惨事を上回る恐るべき事態が始まった……。

ドキュメント チェルノブイリ


ドキュメント チェルノブイリ【新装版】

松岡信夫[著]
四六判上製/382頁(グラビア16頁)/2500円
ISBN978-4-8461-1107-6 C0036

「私たちはどこか別に部屋が欲しいとか、お金が欲しいなどと言いに来たのではないのです。この3カ月間、放射能のことが心配で心配で、もうすっかり疲れ果ててしまったのです……」
チェルノブイリ原発からわずか29 キロの町コマリンからやって来た女たちの悲痛な訴えに、白ロシア共和国保健次官は返す言葉もなかった。
本書は、チェルノブイリ原発から2 年、当時のソ連体制下の報道管制によって情報が極めて少ないなかで、現地紙をはじめとするソ連国内の各紙誌を原資料に、事故の全過程、深刻化する健康影響など事故の全貌を明らかにした労作。
そして2011年3月11 日、日本が同じ道を辿りはじめた。


今年もあと残すところわずかですが、近日配本の新刊『生命(いのち)─人体リサイクル時代を迎えて』をご紹介します。

医療・医学、福祉、生活において、大きな節目とも言える現代、一方でその条件を生み出している先端医学における様々な試みが、人類や地球にとって重大なことであるにもかかわらず、それにふさわしい検証の目にさらされることなく進展し、またそのような分野における資本の独占も進んでいます。

本書は山口研一郎・八木晃介・最取悟・天笠啓祐・神戸修の5名の論者が、それぞれの経歴と立場から、現在進行している先端医学の動向に疑問をなげかけながら、「確固たる『生命観』をもっていただくためのヒント」を提示します。

年末・年始、こんな一冊を手に探求を深めてみてはいかがでしょうか?


11月半ばに『電磁波の何が問題か』が出版される。

本書の著者の大久保貞利氏は、「現場100回」を座右の銘としている人で、仕事のかたわら、問題があれば、必ず現場をおとずれ、実態を把握した上で、解決のため、奔走している。

大久保氏は「電磁波市民研究会」の事務局長もしていて、電磁波の被害者とも常に接している。前書『誰でもわかる電磁波問題』の三刷りまでいっているが、最新の情報を踏まえて、今回電磁波問題の総点検をめざし、特に基地局問題は、撤廃のための戦い方も含め、詳しくとりあげている。


初巻が出てからもう10年以上の長〜いシリーズになってますが、

ひさびさにクリティカル・サイエンスの新刊がでます。

『遺伝子組み換えナタネ汚染』

遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン[著]

A5版上製/192頁/2000円
ISBN978-4-8461-1013-0 C0037

食用油用に大量に輸入される遺伝子組み換え(GM)ナタネが、輸送中にこぼれ落ちることで日本中に自生が拡大しているそうです。雑草などとも交雑し、生物多様性にも悪影響を及ぼしているとか。

本書ではそんなGMナタネ自生の実態について、各地の市民が協力して全国調査、被害拡大の防止とGM食品反対のキャンペーンを繰り広げた、その活動の記録です。

既刊の「遺伝子組み換え」関連書(リンク参照)と合わせて読んでもらいたい一冊です。10月10日ごろには書店店頭に並ぶ予定です。