平素よりご愛顧を賜り誠にありがとうございます。

下記休暇にともなう休業について、下記のとおりご案内いたします。ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

休業日:2011年8月13日(土)から2011年8月15日(月)の期間

休暇後の営業は8月16日(火)より開始いたします。

なお休業期間中にいただきましたご注文の発送は、営業開始以降の取り扱いとなります。まことに申しわけございませんが、よろしくお願いします。


 職場いじめ、パワハラ、セクハラ、うつ、自殺願望といった、問題が職場に蔓延しています。そのような、いわゆる「メンタルヘルス・ケア」の領域に含まれる問題に対して、一般にそれは個人の問題としてこれまではお医者さんが面倒を見てきました。ところが働きながら生きていくということを考えたときに、そうした問題はお医者さんだけでは支えきることはできません。職場の状況や苦労のわかる、仲間の支えが必要です。
 今回刊行された『メンタルヘルスの労働相談』は、そうした問題解決に向けて努力を重ねてきた相談をする側/される側双方が、試行錯誤のために続けてきた研究会の成果をまとめた、いわば労働相談マニュアルの決定版です。
 受ける側の心構えからアフターケアまで、段階を追って具体的に分かりやすく解説しています。また、相談の最前線に立つ人びとの経験から生まれた言葉は、他の関連本と大きく異なり、厚生労働省の指針や通達を「解説」するのではなく、どのように運用したら「成功させることができる」か、このように実行したら「うまくいった」という事例に即していて、読者の皆さんを力強くサポートしてくれるでしょう。
 自然災害/原発事故を背景に景気の悪化がいわれるなか、それを言い訳にして職場の環境がますます悪化してきています。ぜひ、今からご一読ください。

メンタルヘルスの労働相談

メンタルヘルスの労働相談

メンタルヘルス・ケア研究会[著]
四六判並製/244頁/1800円
ISBN978-4-8461-1112-0 C0036

 職場いじめ、パワハラ、セクハラ、うつ、自殺願望の労働相談が急増している。その背景には、リストラや倒産、サービス残業などの長時間労働、成果主義賃金などさまざまな要因が絡み合っている。個人的に起こっている問題は会社的、社会的な問題なのだ。
 本書は、SOS を発している相談者に寄り添い、相談を受ける側の心構え、相談の仕方、会社との交渉、労災申請、会社の協力の下での職場復帰プロセス、アフターケアなどを具体的に分かりやすく解説。メンタルヘルス・ケアの労働相談マニュアルの決定版であるとともに、相談当事者・関係者必携の書!


 小社からも数々の鋭い現代科学批評を出版されてきたジャーナリスト、天笠啓祐さんがついにこの福島の核惨事について問題提起をいたします。
 本書でも明らかにされるように、福島の核惨事は政府・東京電力が繰り返すような「想定外」の事件ではなく、ウインズケール事故、ウラルの核惨事から、スリーマイル、チェルノブイリへと至る、原子力/核事故の歩みのうえに現れた事故です。そしてその事故への軌跡の上には日本の電力会社の引き起こした、数々の事故もあったわけです。
 「想定外」といった類いの政府・電力会社の開き直り、隠蔽、事故を契機とした原発必要キャンペーンを、私たちは「想定」していなければなりませんでした。本書でふたたび確認される過去の事故の経緯は、現在進行形の東電による核惨事の今と行く末を読み解く鍵を、私たちに与えてくれます。
 原子力村のなりふり構わない巻き返しが、日本社会全体の未来を暗くし、かつ垂れ流されるままとどまることのない汚染と、そうした体制を変える力を発揮できない日本社会について、世界が幻滅を広げています。この核惨事の行く末は、いまや「社会のあり方を変えることができるか」という次元の問題に関わっています。
 未来に悔いを残さない一歩のために、ぜひご一読ください!

東電の核惨事

東電の核惨事

天笠啓祐[著]
四六判上製/224頁/1600円
ISBN978-4-8461-1111-3 C0036

 東電福島第一原発では、終熄作業の目処すらたっていない。電力会社は原発建設にまい進しただけでなく、「オール電化」を推進して電力需要の拡大を図り、政府がそれを後押しすることで、原発に依存する社会を作ってきた。その意味では、政府や電力会社が招いた人災である。また過去の原発の事故が警告し続けてきたことを生かさなかった、起こるべくして起きた事故といえる。
 広島、長崎の被爆経験を持つ日本で、大規模な核惨事が起きたことは、言いようのない悲劇である。それをもたらした組織、人物たちの共同の犯罪といえ、その罪万死に値する。原発事故は、最後には多くの人に犠牲を求めることになる。これからは、いつ果てるとも知れない長期にわたり、かけがえのない空気と大地と海、食品や飲料水が汚染されつづけ、被害は多くの人々を生涯にわたって脅かすことになる。


3.11の大災害、福島の原発事故の前は、盛んに宣伝されてきたオール電化住宅ですが、電気ですべてまかなうことの問題や、何よりもそれが電力需要を引きあげるための、電力会社の原発推進政策の一環として押し進められてきたことが明らかになってきています。
そしてこの本は、そうした問題も踏まえながらオール電化住宅で発生する電磁波による健康被害を、さまざまな機器の事例にそって明らかにし、話題になってきました。
この機会に、ぜひお求めを!

危ないオール電化住宅[増補改訂版]

プロブレムQ&A─危ないオール電化住宅[増補改訂版][健康影響と環境性を考える一覧]

加藤やすこ[著]
A5変判並製/140頁/1500円
ISBN978-4-8461-1104-5 C0036

 最近、テレビでも盛んに宣伝されているオール電化住宅は、本当に快適で、環境にもやさしいのか? 近年、やっと日本でも知られるようになった電磁波による健康への影響は大丈夫なのか?
 本書は、電磁波過敏症の著者が、IH調理器、電子レンジ、電気温水器、電気床暖房、太陽光発電などを、具体的に調査し、また健康被害の実態を明らかにし、その危険性と対処法をやさしく、丁寧に解説する。また、オール電化が経済的ではなく、電力を浪費し、原発依存を深めることも明らかにしている。
 最新データで全面改訂、地デジ問題などを増補!


緑風出版図書目録2011年

5月までの新刊を掲載した、緑風出版の新しい図書目録(2011年版_2ndエディション)ができました。

今年度の目録に掲載の新刊は、日本社会の速やかな対応が必要とされる原発問題を中心とし、原子炉周辺の健康破壊を簡明に解説した『低線量内部被曝の脅威』、エネルギー政策転換への提言『破綻したプルトニウム利用』、既存の開発を転換に追い込んだ運動の記録『よみがえれ! 清流球磨川』、日本のマスコミの歴史と実態を実証的、批判的に明らかにする『記者クラブ』など、現代と未来をみすえた定評のある書籍たちです。

下のリンクから、ダウンロードできます。


緑風出版図書目録 2011年

[PDF/24.9Mb]


政府、東京電力によるメルトダウンの事実の渋々ながらの是認(「メルトダウン」という語を避けるという、姑息きわまりない言い逃れをしつつも…)によって、それまで彼らと足並みを揃えて、原発の危険性を訴えるフリージャーナリストの仕事をデマとして否定し、デモなどで沸き上がる世論をなきものと黙殺してきた、マスコミ原子力村のメルトダウンが始まっています。この遅まきながらの流れのなかで、さもそれまで知らなかった事実であるかのように、海外メディアでの「Fukushima」報道が紹介され始めています。

しかし多くの海外メディアは比較的早い段階から、「Fukushima」の事実に肉薄するレポートを発信し続けてきました。

今度の新刊は、そうした海外における「Fukushima」報道を網羅的に紹介しながら、世界が把握し、日本人だけがわかっていない福島原発災害の現在地を浮かび上がらせます。

皆さんがこの未曾有の大「人災」を整理しなおす、最適のツールとなること請け合いです。ぜひ、ご一読を!!

『世界が見た福島原発災害』

世界が見た福島原発災害─海外メディアが報じる真実

大沼安史[著]
四六判並製/280頁/1700円
ISBN978-4-8461-1108-3 C0036

 福島原発災害は、東電、原子力安全・保安院など政府機関、テレビ・新聞による大本営発表、御用学者の楽観論評で、真実を隠され、国民は欺かれている。事実上の報道管制が敷かれているのだ。「いま直ちに影響はない」を信じていたら、自らのいのちと子どもたちのいのち、そして未来のいのちまで危険に曝されることになってしまう。緩慢なる被曝ジェノサイドはすでに始まっているのだ。
 本書は、福島原発災害を伝える海外メディアを追い、政府・マスコミの情報操作を暴き、事故と被曝の全貌と真実に迫る。


福島原発の危機が時間を追うにつれ深まり、4月12日には国際評価尺度(INES)が史上最悪の旧ソ連チェルノブイリ原発事故と同じ「レベル7」に引き上げらました。
この危機に際して、緑風出版では今一度このチェルノブイリの事故が、当初どのように対処され、どのような被害をもたらし、どういう道を辿っていったのかをふりかえることは、「フクシマ」以降の時間を歩み始めた私たちにとって必要なことと考え、チェルノブイリの真実を伝えるロングセラー2点を、新装版として刊行することにしました。
「脱原発」への道を歩みださなければならない、私たちの歩みを確かめていくためにも、ぜひ今いちど手にとってごらんください。

チェルノブイリの惨事


チェルノブイリの惨事【新装版】

ベラ&ロジェ・ベルベオーク[著]/桜井醇児[訳]
四六判上製/224頁/2400円
ISBN978-4-8461-1106-9 C0036

1986年のチェルノブイリ原発事故が忘れ去られようとしている。だが、現地では30キロ圏の立ち入り禁止区域住民以外に100万人の住民避難が必要とされたにもかかわらず、さまざまな理由付けによって一向に避難が行われなかった。避難対象汚染地域は、300キロも離れた地域にまで及んでいた。その結果、子どもたちを中心に甲状腺ガン、白血病が激増し、先天性異常が増大、死亡者は増え続けている。そして将来これら被爆者のうち少なくとも40万人以上がガンなどで死亡するといわれている。しかも政府の無責任と国際原子力機関(IAEA)の被害隠しによって、深刻な事態が増幅されているのである。
本書は、フランスの反核・反原発の2 人の物理学者が、事故から1993年までの恐るべき事態の進行を克明に分析した告発の書である。
そして2011年3月11日、日本でチェルノブイリの惨事を上回る恐るべき事態が始まった……。

ドキュメント チェルノブイリ


ドキュメント チェルノブイリ【新装版】

松岡信夫[著]
四六判上製/382頁(グラビア16頁)/2500円
ISBN978-4-8461-1107-6 C0036

「私たちはどこか別に部屋が欲しいとか、お金が欲しいなどと言いに来たのではないのです。この3カ月間、放射能のことが心配で心配で、もうすっかり疲れ果ててしまったのです……」
チェルノブイリ原発からわずか29 キロの町コマリンからやって来た女たちの悲痛な訴えに、白ロシア共和国保健次官は返す言葉もなかった。
本書は、チェルノブイリ原発から2 年、当時のソ連体制下の報道管制によって情報が極めて少ないなかで、現地紙をはじめとするソ連国内の各紙誌を原資料に、事故の全過程、深刻化する健康影響など事故の全貌を明らかにした労作。
そして2011年3月11 日、日本が同じ道を辿りはじめた。


今、「脱原発」を真剣に考える

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震とその後の大津波により、電源喪失状態に陥った福島第一原発は建屋内での水素爆発などを引き起こし、これにともなう放射性物質の放出は現在も続き、地球規模におよぶ放射能汚染という例をみない被害をもたらし続けています。

これに対する政府の対応は、事故の対処を当該企業に任せきりにする責任放棄状態。テレビを中心とした既存マスコミは、そうした政府・電力会社の発表を追随し、原発維持のための詭弁を弄し続ける御用学者・文化人・タレントを起用したキャンペーンを貼り続けています。根拠が明らかにされず、また責任の主体も明言されない、「安全」情報は、徐々にその基準を緩和する方向で更新され、原発周辺地域のみならず住民の健康が脅かされ続けるという、「人災」ともいえる状況が今も進行しています。

緑風出版では、そうした状況のなかで原発に対する正しい知識、わかりやすい情報、解決にむけた処方箋ともなる弊社原発関連書籍を「【特集】今、「脱原発」を真剣に考える」としてまとめてみました。

大型連休を控えたいま、ぜひ手に取ってご一読ください。

★話題の新刊

低線量内部被曝の脅威─原子炉周辺の健康被害と疫学的立証の記録

ジェイ・マーティン・グールド[著]
肥田舜太郎・斎藤紀・戸田清・竹野内真理[共訳]
A5判上製/388頁/5200円/ISBN978-4-8461-1105-2 C0036

チェルノブイリの惨事【新装版】

ベラ&ロジェ・ベルベオーク[著]
桜井醇児[訳]
四六判上製/224頁/2400円/ISBN978-4-8461-1106-9 C0036

ドキュメント チェルノブイリ【新装版】

松岡信夫[著]
四六判上製/382頁(グラビア16頁)/2500円/ISBN978-4-8461-1107-6 C0036

★原発問題の基本を知る─プロブレムQ&A

プロブレムQ&A─原発は地球にやさしいか[温暖化防止に役立つというウソ]

西尾漠[著]
A5版並製/152頁/1600円/ISBN978-4-8461-0814-4 C0336

プロブレムQ&A─むだで危険な再処理[いまならまだ止められる]

西尾漠[著]
A5判変並製/160頁/1500円/ISBN978-4-8461-0702-4 C0336

プロブレムQ&A—どうする? 放射能ごみ[実は暮らしに直結する恐怖]

西尾漠[著]
A5判変並製/168頁/1600円/ISBN4-8461-0501-6 C0353

プロブレムQ&A—なぜ脱原発なのか?[放射能のごみから非浪費型社会まで]

西尾漠[著]
A5判変並製/176頁/1700円/ISBN4-8461-0221-1 C0053

★プルトニウム、核燃料サイクルの危険性

破綻したプルトニウム利用—政策転換への提言

原子力資料情報室、原水爆禁止日本国民会議[著]
四六版並製/220頁/1700円/ISBN978-4-8461-1008-6 C0036

クリティカル・サイエンス・2核燃料サイクルの黄昏

緑風出版編集部[編]
A5判並製/244頁/2000円/ISBN4-8461-9814-6 C0342

高速増殖炉の恐怖[増補版]—「もんじゅ」差止訴訟

原子力発電に反対する福井県民会議[著]
四六版上製/502頁/4200円/ISBN4-8461-9605-4 C3053

高速増殖炉もんじゅ事故

緑風出版編集部[編]
四六判並製/296頁/2500円/ISBN4-8461-9610-0 C0053 ※美本なし

★エネルギー政策の転換は可能だ

主役に育つエコ・エネルギー

井田均[著]
四六判並製/212頁/1800円/ISBN4-8461-0502-4 C0036

原発の即時廃止は可能だ

ロジェ&ベラ・ベルベオーク[著]
桜井醇児[訳]
四六判上製/272頁/2000円/ISBN978-4-8461-0710-9 C0036

核廃棄物は人と共存できるか

マルチーヌ・ドギオーム[著]
桜井醇児、ル・パップ・ジャン=ポール[訳]
四六判上製/222頁/1700円/ISBN4-8461-0113-4 C0042

★世論をかたちに…

反原発運動マップ

反原発運動全国連絡会[編]
A5判変並製/320頁/2800円/ISBN4-8461-9716-6 C0036

★原発に依存しない社会をどうつくるか

エコ社会主義とは何か

ジョエル・コヴェル[著]
戸田清[訳著]
四六判上製/524頁/3400円/ISBN978-4-8461-0912-7 C0336

未来は緑─ドイツ緑の党新綱領

同盟90/ドイツ緑の党[著]
今本秀爾[監訳]
四六判上製/296頁/2500円/ISBN978-4-8461-0719-2 C0031

政治的エコロジーの歴史

ジャン・ジャコブ[著]/鈴木正道[訳]
四六判上製/492頁/3400円/ISBN978-4-8461-0509-1 C0010

政治的エコロジーとは何か

アラン・リピエッツ[著]/若森文子[訳]
四六判上製/232頁/2000円/ISBN4-8461-0019-7 C0010

緑の政策宣言

フランス緑の党[著]/若森章孝・若森文子[訳]
四六判上製/284頁/2400円/ISBN4-8461-0415-X C0031

緑の政策事典

フランス緑の党[著]/真下俊樹[訳]
A5判並製製/304頁/2500円/ISBN4-8461-0104-5 C0031


 3月30日、50年代以降のアメリカの核施設隣接自治体1300余の公式資料に基づいて癌リスクを徹底検証した『低線量内部被曝の脅威─原子炉周辺の健康被害と疫学的立証の記録』を刊行しました。

低線量内部被曝の脅威


低線量内部被曝の脅威─原子炉周辺の健康被害と疫学的立証の記録

ジェイ・マーティン・グールド[著]肥田舜太郎・斎藤紀・戸田清・竹野内真理[共訳]
A5判上製/388頁/5200円
ISBN978-4-8461-1105-2 C0036

  本書はアメリカ合衆国の核施設がもたらす健康被害について、大気圏核実験時代(1945年〜63年)に続く核被害を参照としながら、徹底した疫学調査をもとに、簡明な図表と明快な論調で解説する。
 とりわけ、アメリカ全土3,053の郡における人口および死亡数を追跡し、年齢グループを18に分けた上でのグループ別年齢調整死亡率を5年を1期間とした3期間を通じて割り出すという、膨大な基礎作業を通じて、核施設周辺での癌死亡率を分析していく姿勢は圧巻である。
 また大気圏核実験、チェルノブイリ核事故が、地球規模で影響を与えていったことについて、様ざまな統計データをもとに実証。放射能汚染が地球全体の問題となることについて象徴的に示し、高リスク地域から低リスク地域への移住が問題の解決にはならないことを指摘する。
 レイチェル・カーソンの予見を裏付けた、手ごたえのある警世の書。


 3月17日、『金持ちが地球を破壊する』(小社刊、2010年)で地球環境の危機・飢餓・貧困のグローバル化を「金持ち(寡占階級=オリガルキー)」の問題として描き出し、より少ない消費と、より良き分配をと説いた、エルヴェ・ケンプ(仏『ル・モンド』紙の環境問題欄担当)による『資本主義からの脱却』を刊行しました。

資本主義からの脱出


資本主義からの脱却

エルヴェ・ケンプ[著]神尾賢二[訳]
四六判上製/228頁/2200円
ISBN978-4-8461-1103-8 C0036

 エコロジー危機の深化を放置することは、文明の存立条件の継続的かつ深刻な崩壊につながる。富裕階級の虚栄的浪費活動がグローバルな文化モデルを規定し、政治経済を支配する寡占階級=オリガルキーが不公平と貧困と飢餓を生み出している。生物圏の均衡の限界を越えないためには、欧米日などの先進諸国の資源消費量を半分まで下げる必要がある。富裕階級に課税し浪費を止めさせ、資本主義の破壊的メカニズムから脱却することこそが急務である。


カレンダー

2017年5月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページ