書誌情報

ザ・ラスト・グレート・フォレスト─カナダ亜寒帯林と日本の多国籍企業

イアン・アークハート/ラリー・プラット[著]/黒田洋一/河村洋[訳]
四六判上製/472頁/4500円
ISBN4-8461-0106-1 C0061

 カナダ・アルバータ州に広がる世界最大・最後の亜寒帯林--。パルプを確保するためこの森林に目を付けた日本の製紙各社は、大規模な森林伐採権を確保した。地球温暖化の観点からもこの豊かな自然を守ろうとする自然保護運動と開発を進める州・企業との闘いの記録。(2001.5)


■内容構成
 主要登場人物と企業、政府機関

序 章  ザ・プライズ――亜寒帯林という宝物

第一章  パルプ症候群――アルバータ森林利用史
 第一世代の工場と経営者たち
 開発のスピードは市場に任せよ
 ダビデ対ゴリアテ
 森林問題の「周辺性」について――林産業と環境保護運動

第二章  見える手――林業と多角化
 見える手
 誰が森林を得るのか?

第三章  大昭和――富士市の善良なる仏教徒
 投資交渉と企業の採算性

第四章  平和なき「平和の谷」――大昭和とルビコン民族
 環境規制海外投資を誘発する
 ショーとしての公聴会
 大昭和対ルビコン・レーク・クリー民族
 火災爆弾とボイコット
 ウッド・バッファロー他:法廷での決着

第五章  アルバータ・パシフィック社――成長の政治経済学
 素通りした好景気
 便益:企業とアルバータ州民
 工場への支持

第六章  アルバータ・パシフィック社――環境保護派の反撃
 本州製紙
 アルバータ環境省と技術フィックス(Technological fix)
 環境影響アセスメント:単なる形式か?
 第一次アルバータ・パシフィック環境アセスメント審査会:森林をどう扱うのか?
 移動されたゴールポスト――第二のALPACレビュー
 アルバータ・パシフィック計画へのゴーサイン

結 論  将来に向かっての後退
 持続可能性、警鐘と新しい政治の探究

日本語版へのエピローグ ……新しい世紀・変わらぬ現実? 
 アルバータの亜寒帯林の現状……憂慮の理由
 激しさを増す国際社会からの挑戦
 ルビコン民族の闘い

 訳 注
 年 表
 訳者あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。