書誌情報

個人情報保護法の狙い

臺宏士[著]
四六判並製/264頁/1900円
ISBN4-8461-0112-6 C0336

 「個人情報の保護」を名目にした「メディア規制法」といえるのが、政府・与党が現在、国会に提出している「個人情報の保護に関する法律案」(個人情報保護法案)だ。この法案は、個人情報に関して民間分野に初めて法の網をかけると共に、表現・報道分野も規制の対象とし、言論・出版・表現の自由の封殺をもくろむ悪法である。本書は、法案の背景、政府・与党の狙い、法案をめぐる動きと法案の問題点を、第一線の新聞記者が追う。(2001.10)


■目次
 はじめに

1 個人情報保護法案とメディア
 1 個人情報保護法案
 2 大綱と中間報告
 3 メディア界に広がる危機感
 4 各政党の動きは?

2 相次ぐメディア規制法
 1 法務省「人権委員会」
 2 自民党「青少年社会環境対策基本法案」
 3 メディア規制に乗り出す文科省
 4 東京都青少年健全育成条例

3 個人情報の漏えいと個人情報保護法案
 1 個人情報が勝手に売買
 2 早大が名簿を警察に無断提供
 3 民間分野と個人情報保護

 個人情報保護法案を取材して

4 資料編
 1 個人情報保護法案
 2 政府への質問主意書と回答
 3 政府の法案Q&A
 4 三一四社の共同声明
 5 専門委委員長談話
 6 自民党の青少年社会環境対策基本法案
 7 民主党の有害情報規制法案
 8 個人情報保護法関連の年表

 あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。