書誌情報

核廃棄物は人と共存できるか

マルチーヌ・ドギオーム[著]桜井醇児、ル・パップ・ジャン=ポール[訳]<
四六判上製/222頁/1700円
ISBN4-8461-0113-4 C0042

 原子力発電の推進の結果、核廃棄物の処分が待ったなしの問題として、原発先進国を悩ませている。核廃棄物の処分はその固有の毒性のため極めて困難な問題である。しかも、史上最悪の猛毒といわれるプルトニウムは、その半減期が2万4000年で天文学的時間を通じて放射線を放出し続けるわけで、技術的にも処理方法が確立されているとは、到底言えない。本書は原子力大国フランスの核廃棄物処理問題の分析を通じ、核廃棄物が人類と共存できないことを明らかにし、反原発を訴える。また訳者による、フランスの核廃棄物処理の最新分析も収録する。(2001.10)


■内容構成
 日本語訳の出版に寄せて
 まえがき

第1章 放射性廃棄物に関する毒あるいは偽瞞
第2章 野蛮な専門家たち
第3章 原子化の条件
第4章 遺産
第5章 果てしない言語
結 語

付録1 放射性廃棄物とは
付録2 闘争の記録
付録3 進歩の信奉者たちの意見
付録4 科学への幻想
付録5 放射性廃棄物の地中埋設についての重要文書


  略号

フランスの原子力と放射性廃棄物「処分」の現状についてのノート
  1 原子力と放射性廃棄物
2 世界第二の原子力国となったフランスの原子力政策
3 訳者がためらいながら思ったこと
4 フランスの放射性廃棄物「処分」の方針と現状
5 最近のフランス原子力状況の大きな変化

訳者あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。