書誌情報

終りなき狂牛病─フランスからの警鐘

エリック・ローラン[著]/門脇仁[訳]
四六判上製/248頁/2200円
ISBN4-8461-0209-2 C0045

 イギリスからヨーロッパ大陸へ狂牛病が拡がった。酪農・食肉産業保護のため後手にまわるフランス政府の対応。隠される情報と拡大するリスクの中で、次々と明らかになるBSE感染の実態。全頭検査は狂牛病危機の序章にすぎない。種の壁を超え、着実に人間の犠牲者を増やして行く感染ルート。  狂牛病の底知れない恐怖を余すところなく明らかにした本書は、わが国の楽観的な狂牛病対策に対する強い警鐘である。(2002.6)


■目次
 序

1 食人族
 抑制不可能にして不可解なプリオン/ゆっくりと、容赦なく死を迫るもの
 
2 食卓の危機
 斥けられた科学者たち/口封じ始まる/秘匿された情報/汚染牛肉/血液中のリスク
 神経の感染性
 
3 屠場のリスク
 健康な肉にも汚染が――/犠牲になった屠場労働者たち

4 飼料混合による汚染
 無害の飼料と肉骨粉が入り混じる
 
5 土壌汚染
 ある模範的な農夫の転落/錯綜するリスク/人間にも土壌感染のリスクが
 
6 保存にまつわる疑惑

7「フランスの狂牛病は始まったばかり」
 「リスクなんてどこにもない」/狂牛病の隠れた症例

8 「NAIF」と「スーパーNAIF」は大きな陰謀か
 避けられない母子感染

9 病原となる肉骨粉
 リスクは消えない/常軌を逸した偏重

10 肉骨粉――全面禁止は一時的か――
 肉骨粉の輸入解禁を断行?

11 ウィルス説もある狂牛病

12 リスクは牛肉だけか
 「フランスの食糧モデルを侵害するな」/風評被害を防ぐために現実を隠す/鶏肉の危険
 他の動物種にも伝染するBSE

13 羊――狂牛病の原点――
 豚・ネコなどの動物種

14 牛乳と母乳の感染性
 「警告に値しないリスク」

15 アメリカの狂牛病
 毎年三万頭の牛が死んでいる/グローバル化で狂牛病が増大/ シカの感染
 自由に移動するプリオン

16 検査――遅れた措置とその限界――

17 フランス政府の将来不安
 消費者にまわるツケ/事態の大きさに気づく国民

18 新変異型ヤコブ病の血液感染
 危険は依然、隠される/新たな段階に入ったばかり/ 事実をさらに隠蔽

19 病院の危険
 責任は問えても罪は問えない?/ヤコブ病、それともアルツハイマー病

 注
 関連年表
 訳者あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。