書誌情報

食品汚染読本

天笠啓祐[著]
四六判並製/216頁/1700円
ISBN4-8461-0215-7 C0036

 遺伝子組み換え食品から狂牛病まで、今日ほど、消費者の食品に対する不安と不信が拡がったことはない。遺伝子組み換え品種の食品への混入による遺伝子汚染、牛肉から牛乳・化粧品にまで不安が拡がるプリオン汚染、廃棄電池によるカドミ汚染など枚挙にいとまがない。しかも取り締まるべき農水省から厚生労働省までいい加減かつ業者寄りで、牛肉偽装事件まで出る乱脈さである。有効な対策は打ち出されず、事態は深刻化するばかりで、責任を取る気配もない。本書は、不安な食品、危ない食卓の基本問題をわかりやすく解説すると共に、消費者主導の予防原則、トレーサビリティを提言する。 (2002.10)


■目次
1章 スターリンク事件発生
 アメリカで市民グループが検出/開き直るアベンティス社/事件の事実上の発端は日本で
 家畜の飼料からスターリンク/日本でもコーンミールなどから検出
 有害な蛋白質をつくり出す/BT菌の毒素/Cry9C蛋白質の毒性
 農水省が動物実験 実験で「問題なし」?

2章 際限のない遺伝子汚染へ
 未承認作物は入らない?/アメリカを信じ、裏切られる/情報隠しが発覚
 ヨーロッパでも未承認コーンが/未承認ジャガイモ相次いで検出
 組み換えジャガイモ開発状況/日本の食卓のアメリカ依存度
 ヨーロッパの遺伝子汚染事件/組み換えナタネ廃棄へ/新しい遺伝子汚染が
 スーパー雑草が出現/除草剤耐性とは/トウモロコシは風媒花
 再びスターリンク事件へ/抗生物質の教訓/メキシコの遺伝子汚染事件
 モンサント社の世界支配進む

3章 さらに拡大するか?
 プリオン汚染/日本で最初の「狂牛病」確認/異常プリオンが原因 プリオンとは何か?
 変異型クロイツフェルト/ヤコブ病/種の壁を越えて感染した
 対策を怠ってきた農水省/無責任な農水大臣の発言/全頭検査で安全は確保できるか?
 牛肉や牛乳は大丈夫か?/生産効率至上主義/豚や鶏は安全か?
 惨澹たるクローン牛の現状/農水省に解決能力なし

4章 ふたたび深刻化するカドミウム汚染米
 広がり始めたカドミウム汚染米/カドミウムとは?/イタイイタイ病とは?
  かつての汚染源は亜鉛の鉱山や製錬所/新たな汚染源となった電池
 私たちはどのくらい汚染米を摂取しているか?/政府が行なった汚染対策事業
 どんな対策が可能か?

5章 米にまで及ぶ遺伝子組み換えの波
 LLライス 国内作付け認められる/やはりモンサント社/国家主導の開発
 組み換え稲開発の新しい武器/新しい稲が続々と登場 深刻な環境への影響
 BBライス/ゴールデンライス/多国籍企業の攻勢強まる
 タイのモンサント社/第二の緑の革命

6章 食品汚染と予防原則
 トレーサビリティ/食品の信頼性が失墜/中国からやってくる毒物
 食品添加物の違反事件/正しい表示を裏づけるには/積み重ねのリスク論

 おわりに

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。