書誌情報

生命特許は許されるか

天笠啓祐/市民バイオテクノロジー情報室[編著]
四六判上製/200頁/1800円
ISBN4-8461-0308-0 C0036

 いま、多国籍企業の間で特許争奪戦が繰り広げられている。なかでも、バイオテクノロジーの分野では、いままでタブーとされてきた生命や遺伝子までもが特許の対 象となりつつある。私たちの生命が特定の企業によって私物化されるという異常な状 況は許されるのか? 具体的な事例をあげて解説。
 本書は食料や医療の分野をはじめ、生命まで及んだ特許制度による多国籍企業の 支配・弊害を、具体的な事例をあげて解説している。 (2003.8)


■目次
 はじめに――天笠啓祐

第1章 市場経済のなかの生命・遺伝子――天笠啓祐
 生命特許とは
 アメリカの知的所有権をめぐる戦略
 多発するトラブル
 スペシャル三〇一条
 GATTからWTOへ

第2章 生命を特許の対象にするな――ショーン・マクドナー[訳=広瀬珠子]
 共有財産の私物化
 特許制度の理論的根拠
 国によって異なっていた特許法
 多国籍企業を肥やす制度
 クローン羊「ドリー」
 最初の生命特許――チャクラバーティ判例
 特許取得に走る欧米諸国
 聖書と生命特許
 生命特許に反対するさまざまな声
 科学・医学研究を妨げる特許制度
 公的研究を私物化する企業
 高額化する医療費
 多国籍企業に依存する農業
 バイオパイラシー(生物学的海賊行為)
 世界各地で続出するバイオパイラシー
 「南」を食いものにする国際法の数々
 生物多様性条約
 バイオテクノロジー業界の巨大化
 世界を支配するモンサント社
 生命特許に歯止めを

第3章 種子支配――天笠啓祐
 種子支配、特許支配
 種苗法改正
 黄桃事件
 種子企業買収
 シュマイザー事件

第4章 遺伝子特許――天笠啓祐
 ヒトゲノム解析終了
 アメリカの遺伝子特許戦略
 ヒトゲノム解析とセレーラ・ショック
 日本政府の対応
 頻発するプライバシー侵害事件

第5章 三〇万人遺伝子バンク計画――西村浩一
 文部科学省がとった巧みな戦略
 動き出した国家主導の巨大プロジェクト
 最大の焦点はSNP情報
 キーワードは医療と経済活性化

 [年表]生命特許の歴史
 あとがき――遺伝子特許と市民――天笠啓祐

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。