書誌情報

WTO─シアトル以後[下からのグローバリゼーション]

石見尚、野村かつ子[著]
四六判上製/180頁/1800円
ISBN4-8461-0404-4 C0036

欧米を中心とする多国籍企業に牛耳られているWTOは、多角的貿易交渉を新ラウンドとして合意に導くとの予定に反し、宣言すら出せないまま紛糾を続けている。特に1999年の第3回閣僚会議が開かれたシアトルでは、アンチ・グローバリゼーションを掲げた人々が、世界中から集結し、激しい反対運動を繰り広げ、WTOにひとつの転換点をもたらした。WTOはなぜかくも紛糾するのか?
 本書は特に、シアトル以後の会議を通して、WTOの問題点を掘り下げるとともに、下からのグローバリゼーションの運動に焦点を当てて、今後の展望を打ち出している。(2004.4)


■目次
 はじめに

第一章 WTOの予想された行き詰まり
 1 WTOの発足
 2 農業交渉──ウルグァイ・ラウンドからWTOへ
  (1)市場アクセス  (2)輸出補助金  (3)国内助成   (4)動植物衛生規則の適用に関する合意
 3 日本の対応について
 4 アメリカの農民・市民の反対運動
  (1)関税化  (2)デカップリング  (3)ハーモニゼーション
 5 行き詰まりを打開するには

第二章 何のためのWTOか
 1 産軍複合体国家がゆがめた農業構造
 2 アメリカの心のふるさと──農業・農村の点描
  (1)ニューイングランドと中部大西洋岸
  (2)五大湖地方と大草原地方
  (3)南部
  (4)ウェストヴァージニアとケンタッキー州
  (5)マウンテン・ウエスト
  (6)カリフォルニア州
 3 貿易自由化の推進者たち
  (1)多国籍アグリビジネス (2)日本の多国籍企業

第三章 閣僚会議──そして「緑のグループ」と南の反乱
 1 第一回閣僚会議(シンガポール、一九九六年一二月九日〜一三日)
  (1)途上国、後発途上国へ広げた市場開放要求と紛争処理手続の民主化
  (2)アメリカ消費者運動の分かれた評価
 2 第二回閣僚会議(ジュネーブ、一九九八年五月一八日〜二〇日)
  (1)ガット創立五〇周年  (2)最初の抗議行動
 3 第三回閣僚会議(シアトル、一九九九年一一月三〇日〜一二月三日)
  (1)深い対立を抱えたまま閉幕  (2)シアトル閣僚会議へのラルフ・ネーダーの勧告
  (3)世界労働運動の転換  (4)識者の評価
  (5)TOES二〇〇〇 ピープルズ・サミット(那覇、二〇〇〇年七月二一日〜二三日)
  (6) パブリック・シティズン主催の国際シアトル連合集会
    ──WTOの方向転換の要求(シンシナティ、二〇〇〇年一一月一六日)
 4 第四回閣僚会議(ドーハ、二〇〇一年一一月九日〜一三日)
  (1)慎重な論議と結論の先送り   (2)G―77サミット(ハバナ、二〇〇〇年四月一〇日〜一四日)
 5 第五回閣僚会議(カンクン、二〇〇三年九月一〇日〜一四日)
  (1) 再び閣僚会議宣言のない閉幕
  (2) ワールド・ソーシャル・フォーラム
    (ポート・アレグロ、二〇〇一年一月二五日〜三〇日)


第四章 ポストWTOの経済原理と実現方策

資 料
 付録1 TOES/JAPAN アジェンダ
    「超国家企業の支配下のクローバリゼーションに対するNGOによる
     地球的規模での秩序づけの提案」
 付録2 TOES/JAPAN声明
     付表 WTOに関する略年表
 参考文献
 あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。