書誌情報

崩壊したごみリサイクル―御殿場RDF処理の実態

米山昭良[著]
四六判並製/264頁/2000円
ISBN4-8461-0407-9 C0036

 ごみを燃料にしてリサイクルできればすばらしいことだ。自治体が収集する可燃ごみを固形燃料に変換するという、ごみ固形燃料化施設=RDFが全国で稼動している。この夢のごみリサイクルが、実はとんでもない欠陥施設であることが明らかになってきた。三重県ではその施設の火災で消防士が死亡する事件まで発生した。
 本書は、早くからRDFの導入にふみきった、静岡県御殿場市と小山町のごみ騒動――企業の甘言に乗った建設から繰り返される故障・事故、そして遂に自治体が建設企業を訴えるにいたるRDF処理の実態――を現地から報告する。 (2004.6)


■目次
序 章

第1章 ごみ固形燃料(RDF)処理に決定
 焼却方式を放棄
 RDF海外視察の評価は二分
 ダイオキシン問題がRDFに追い風
 RDFで契約を締結
 施設チェックの職員が疑問を持つ
 RDF計画の責任者が突然勇退

第2章 夢の施設から地獄の施設へ
 まず新兵器がダウン
 急浮上したごみ質問題
 ほかの施設でも同様の事故

第3章 ごみ処理行脚
 ごみの引き取り先に苦慮
 大改造工事が終わるや火災事故
 センターで使えないRDF

第4章 高騰し続ける維持・管理費
 高額な灯油代
 電気代も年毎に増額
 点検・部品代も大幅アップ

第5章 捏造された技術評価書
 最初にJカトレルありき
 Jカトレルに有利な判断

第6章 生産すれど使い道なしのRDF
 机上では消費先を確保
 深刻化したRDF在庫
 問題多いRDF燃焼
 売値は一トン五〇〇円

第7章 混迷する企業体との交渉
 発注側に広がる企業不信
 軽く見られた議員の技量
 RDF問題で現職市長が落選
 システムの問題点を抽出
 またしてもごみ質

第8章 第三者機関に検証を委ねる
 RDF問題の打開を図る
 評価結果に落胆する組合議会
 疑惑が生じた評価委員会のメンバー

第9章 RDF生産・燃焼施設の設置に異議あり
 ダイオキシン発生を心配
 市長のダイオキシン見解に落胆
 RDF燃焼への懸念は全国的――栃木県宇都宮市
 粘り強い住民運動で計画は中止
 焼却がだめならRDFではどうか――大阪府松原市
 事業を進めるため説明会を計画
 疲弊する石炭産業に代わりRDF発電――福岡県大牟田市
 土壌から高濃度のダイオキシン類が検出
 市民団体の不安が的中
 企業城下町・広島県福山市でもRDF発電
 RDF発電で死者二人
 三重県の事故を教訓に消火訓練
 RDFを含めてエコタウン事業が続々と登場

第10章 ごみ処理――原点へ帰る
 ごみ袋有料化で減量を達成
 RDFによる収集変更でごみが急増
 無料化に待ったをかけた懇談会
 ごみ減量等推進審議会は無料化を答申
 市議会は賛成多数で無料化を可決
 無料化に向けて説明会を開催
 逆境の中、ごみの減量に成功

第11章 そして提訴へ
 RDF解決に向け広域ネット
 RDFの疑念を巧みにかわす
 問題の決着を弁護士に委託
 弁護士間の話し合いが決裂、訴訟に
 約八〇億円の損害賠償を請求
 市長が冒頭意見陳述
 第二回口頭弁論
 保証期間満了で担保責任なし
 公共工事の予定入札価格を事前公表

第12章 RDFがもたらしたもの
 脱臭装置の建設に踏み切る
 RDFとは何だったのか
 裁判の今後

資 料
 資料1 御殿場・小山RDFセンター計画概要
 資料2 全国の中・大規模RDF施設

 あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。