書誌情報

市民のための道路学

上岡直見[著]
四六判上製/260頁/2400円
ISBN4-8461-0409-5 C0036

 道路公団民営化の問題で道路政策への社会的関心が高まっている。しかし、せっかくの議論が、高速道路の経営形態と採算性、官僚悪者論や市場原理の偏重といった方向に矮小化されつつある。  今日の道路政策は、クルマと鉄道などの総合的関係、地球温暖化対策との関係などを踏まえ、日本の交通 体系をどうするのか、私たちの暮らしに交通がどのようにかかわるのか、という観点から議論される必要がある。
 本書は、市民のために道路交通の基礎知識を解説するとともに、「脱道路」を考える入門書!(2004.7)


■目次
はしがき

第一章 道路交通の基礎知識
 道路交通の基礎知識
  道路交通を考える視点/道路の基本/どこにどんな自動車が通行しているか
 なぜ交通量が増えるのか
  道路は自動車に追いつかない/モータリゼーション――悪の枢軸
  「駐車場」が路上駐車を増やす/将来の交通量は減るのか/市町村合併と交通
 税・財源・制度をめぐる議論
  道路とお金の流れ/自動車関係の税金は高いか/海外との比較
 道路整備の目的を見直す
  東名高速道路の横顔/ボトルネック対策/都市環状道路の意味
  第二東名と外環道・圏央道/日本中が渋滞なのか/多様な検討の必要性
  地域にメリットはあるか/通り抜け交通は別の対策で
 人々は何を必要としているか
  道路が欲しいのではない/道路が失業者を作る
 民営化委員会の評価
  民営化委員会の限界と成果

第二章 市民と交通需要予測
 交通計画への市民参画
  市民と交通需要予測/情報のコミュニケーション
 需要予測の前に
  「計画」と「決定」の分離/需要推計がすべてではない/交通実態の調査
 交通需要推計のしくみ
  交通需要推計とは何か/四段階推計法/段階ごとの推定
  第一段階・発生と集中/第二段階・分布交通量/第三段階・手段分担率
  第四段階・経路配分
 結果をどうみるか
  推計結果の解釈/裁かれた交通需要推計/圏央道あきる野裁判と道路問題
  圏央道あきる野裁判と道路問題/市民と専門家
 最大の難物─物流
  市民がトラックを走らせる/大型トラックは邪魔ものか

第三章 評価の指標
 「要・不要」とは何か
  高速道路の新直轄方式/社会的費用・便益を考える意義/注目する要素
  社会的割引率/ドイツのRAS─Wについて/日本での評価項目
 具体的な便益と費用の算出
  走行時間の節約(①─(ⅰ)の項目)/走行費用の節約(①─(ⅱ)の項目)
  交通事故減少の価値(②の項目)/大気汚染の考え方(③─(ⅰ)の項目)
  騒音(③─(ⅱ)の項目)/地球温暖化の世界的被害(③─(ⅲ)の項目)
 事例から考える
  都市高速道路の外部費用/「バイパス」だけが選択肢か
 自動車の社会的費用
  社会的費用の考え方/社会的費用の具体額/社会的費用を計測する意義
 費用・便益分析の応用問題
  地方鉄道存続と費用・便益分析/「えちぜん鉄道」復活の事例
  バス転換は「公共交通全廃」を招く/クルマ社会だからこそ必要な地方鉄道
  全国の地方鉄道の費用・便益分析/都電は渋滞を救う/自転車交通の社会的便益

第四章 道路交通と地球温暖化
 温暖化問題と交通
  完全に破綻した温暖化対策/対策メニューの評価/道路建設は温暖化対策になるか?
  道路整備効果の実績も不明/どのくらいの対策が必要か/幻想にすぎない燃料電池
  普及を妨げる壁
 温暖化と自動車交通
  カタログ燃費と実態燃費/実態燃費を左右する要因/道路工事が発生するCO2
 道路整備がもたらす別の側面
  遠い食卓──フードマイルズ/夕食メニューとCO2/鉄道駅が温暖化を防止する

第五章 「脱道路」が日本を救う
 経済・社会シミュレーション
  豊かなうちに方向転換しよう/市民エネルギー調査会/シミュレーションの前提
 日本の交通政策と道路特定財源
  戦後交通政策の出発点/ワトキンス・トラウマ/道路特定財源の説明をめぐって
 転換のシナリオ
  シナリオの基本/道路特定財源の転用
 総合交通政策の枠組み
  政策の五要素と市民のニーズ/交通基本法の展開/LRTの推進
 高速道路無料化論を検討する
  「日本列島快走論」について/生活圏が広がるとどうなるか/交通現象としての検討

あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。