書誌情報

恐竜の道を辿る労働組合

早房長治[著]
四六判上製/216頁/1800円
ISBN4-8461-0411-7 C0036

 日本中でリストラの嵐が吹き荒れた。このような状況でこそ、最も頼りになるべき労働組合が雇用を守ることがきず、勤労者の信頼を失い、組織率は20%を割ってしまった。連合幹部から要請を受け、中坊公平氏らとともに、連合評価委員会を組織し、組合のあるべき姿を模索し続けた著者が、抜本的改革の必要性を熱く語る。(2004.7)


■目次
はじめに
 時代の変化に対応しなかった労組/外部の手を借りて抜本改革を目指す
 労組を厳しく批判した評価報告書/地域労組をヒト・カネで支援せよ
 若者が人生設計を描けぬ社会に展望なし

第1章 劣悪化する労働環境
 生活保護以下のパート賃金/常用パートが少ない日本/ 悲惨な中小企業の労働環境
 派遣労働者を苦しめる三つの劣悪環境/ 三〇〇万人を超えたフリーター
 生涯設計を描けない若者たち

第2章 労働組合は、なぜ無力なのか
 企業生き残りを優先する労組幹部/今日でも中流意識に浸る正社員
 リストラへの見通し甘かった労組/苦し紛れに「美風」を捨てた経営者
 組合員に上部組織無用論が台頭/なぜ「経営者の独走」は始まったのか

第3章 労組はこの三〇年間、何をしたか
 石油危機後に労使協調に傾斜/日本的経営に終始協力した労組
 連合の発足は再生の足掛りにならず

第4章 いま、労組の中で起きていること(1)
 単産と地域労組がしばしば対立/旧地方組織を切り捨てた連合
 コミュニティー・ユニオンの誕生/連合は新旧労組の対立の超越を

第5章 いま、労組の中で起きていること(2)
 行動の決意伝わらぬ「日本の進路」/「二一世紀ビジョン」も内部の利害優先
 企業別 組合と春闘を自画自賛/労組幹部のパラダイムが大転換
 闘争精神を失った連合指導部/組合費の配分構造を再検討する必要

第6章 「労組のあるべき姿」連合評価報告書はこう作られた(1)
 評価委員から厳しい批判相次ぐ/連合執行部からも自己批判/三都市でタウンミーティングを開催
 「労組はNPOなどに非協力的だ」/ 労組改革に後ろ向き発言が続出/人を行動に導く言葉とは何か

第7章 「労組のあるべき姿」連合評価報告書はこう作られた(2)
 いかにして労組に活力を吹き込むか/グローバリゼーションに強い疑問
 中坊氏が「WHY文化」を主張/「ゆでガエル現象」に注意を喚起/連合役員が中間報告素案に反発
 「不条理に断固闘おう」と説く中坊氏/連合副会長が企業別 組合擁護論/改革実行の工程表を迫る評価委

第8章 労働組合の再生は可能だ、そうせねばならない
 大技術革新の衝撃と規制システム/普遍主義・平和主義・利他主義/労働者は常に新しい知識と技術を
 企業別 組合の改革を先送りするな

 おわりに
 参考資料

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。