書誌情報

バイオハザード原論

本庄重男[著]
四六判上製/192頁/1900円
ISBN4-8461-0416-8 C0036

 SARSなどで明らかになったように、危険な病原体や遺伝子組み換え微生物が、実験室などから市民生活の場や環境に漏れ出て、人々の健康や環境に重大な悪影響や被害を及ぼし始めている。産業や医療分野のバイオテクノロジーの利用状況は、「暴走」といっていいほどで、何の法律的な規制がないままに、住宅密集地で実験が行なわれていて、危険きわまりない。
 本書は、もはやSFではなくなったバイオハザードについて、その定義から現状分析、そして 予防原則に基づいた対策までを、著者の経験を踏まえて、わかりやすく論じている。(2004.9)


■目次
 まえがき

序 章 バイオハザード事始め
 1 ポリオの大流行
 2 サル類とバイオハザード
 3 私も経験した実験室感染事故
 4 バイオテクノロジーの発展とバイオハザード

第1章 バイオハザードとは何か
 1 過去のバイオハザード概念
 2 バイオハザード概念の変遷
 3 今日発生し得るバイオハザードの様相
 4 バイオハザードで認められる特性
 5 バイオハザードと紛らわしい概念

第2章 バイオテクノロジーとバイオハザード
 1 バイオテクノロジーの本質
 2 今日のバイオテクノロジーと従来の生物技術との違い
 3 裸のDNA(分子)は生物活性を示す
 4 自然界におけるDNAの存続
 5 遺伝子DNAの水平伝達
 6 遺伝子水平伝達の人為的促進
 7 バイオテクノロジー批判の視点

第3章 バイオハザードの具体例
 1 旧ソ連スヴェルドロフスク市での炭疽菌によるバイオハザード
 2 健康食品トリプトファンに関わる事件
 3 遺伝子組み換えウイルスにおける予想外の危険発生
 4 SARSウイルスの突発出現
 5 米軍生物兵器研究センターにおける炭疽菌漏出事件

第4章 わが国におけるバイオハザード対策の問題点
 1 基本的に欠けていること
 2 病原微生物実験施設で採られている方策
 3 バイオハザード予防のために始められた予研=感染研裁判
 4 動物が関わるバイオハザードへの対策
 5 バイオテクノロジー製品の安全性検討の必要性

第5章 今後のバイオハザード予防のあり方
 1 バイオハザード予防・制圧対策の技術的基礎
 2 予防対策立法の実現へ向かって
 3 市民参加の必要性
 4 研究者への協力要請と批判
 5 市民的監視体制の確立
 6 SARS問題とバイオハザード予防の視点

 参考文献
  資料1 病原体等実験施設規制法の試案
  資料2 住民協定書の実例

 あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。