書誌情報

プロブレムQ&A─どう考える? 生殖医療[体外受精から代理出産・受精卵診断まで]

小笠原信之[著]
A5判変並製/208頁/1700円
ISBN4-8461-0505-9 C0336

 人工受精、対外受精、代理出産、はてはクローンと生殖分野の医療技術の発展はめざましいものがある。だが、出生前診断で出産を断念することの是非や、人工授精児たちの親捜しが始まったりと、さまざまな問題も浮上してきている。また、各国によって規制も違う。本書は、これらの疑問や問題を整理し、やさしく解説するとともに生命の尊厳を踏まえ、どうすべきかをともに考えるための書である。(2005.3)


■内容構成
[Qの例]
生殖補助医療って何ですか?
代理出産が日本でも話題になっていますね。何が問題なのですか?
精子や卵子、子宮を借りた場合に、誰が子どもの親になるのですか?
男女の産み分けに出生前診断が利用されているって本当ですか?
中絶をめぐって、女性と障害者の運動の間で論争があったと聞きましたが?
女性の自己決定権って何ですか? クローンや再生医療も体外受精と関係があるって、本当ですか?

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。