書誌情報

食料主権

日本消費者連盟[編]
四六判並製/208頁/1700円
ISBN4-8461-0514-8 C0040

 食料主権には、食物を作る権利だけでなく、選ぶ権利、安全に食べる権利など生存権ともいえる幅広い権利が含まれる。現在、グローバリゼーションにより農業生産や食料への企業支配が強まった結果 、自然や生命、人権の侵害が起き、貧困は拡大している。
 本書は、世界の農民・消費者運動がこれら多国籍企業やWTO(世界貿易機関)などに対抗するために掲げ、追求しようとしている食料主権を取り上げ、その意味するものとは何か、また、それを守るためには何が必要かを様々な角度から提言している。 (2005.9)


■目次
 まえがき

第1章 食料主権とは何か? 天笠啓祐・大野和興

第2章 食料主権を奪う遺伝子組み換え(GM)イネ
 1 進む多国籍企業による種子支配 緑の革命から遺伝子組み換えイネへ 天笠啓祐
 2 緑の革命のイネとGMイネ カーステン・ヴォルフ
 3 南インドにおける稲作の状況 緑の革命からGMイネへ ウシャ・ジャヤクマール
 4 インドネシアの人々にとってコメとは? ロサナ・デウィ・ラチマワッティ
 5 いまやイネは多国籍企業が支配 デビンダー・シャルマ
 6 中国で起きたGMイネ違法栽培 天笠啓祐
 7 日本でのGMイネと市民の闘い 天笠啓祐

第3章 討論・食料主権
 1 国際コメ年と食料主権 天笠啓祐
 2 徹底討論・食料主権

第4章 食料主権への闘い
 1 ローカルの実践でグローバリズムを包囲しよう 山下惣一
 2 循環型地域をつくる 桑原 衛
 3 大豆畑トラスト運動 小野南海子
 4 水田トラスト運動 阿部文子
 5 GMOフリーゾーン運動 天笠啓祐

 あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。