書誌情報

世界のマフィア─越境犯罪組織の現況と見通し

ティエリ・クルタン[著]/上瀬倫子[訳]
四六判上製/384頁/2800円
ISBN4-8461-0606-3 C0036

 マフィアについては長い間、わからない部分が多かった。社会から隠れてなかなか見えてこない。さまざまな報道もセンセーショナルで不正確なものがほとんどだ。
 だが今や世界のマフィアは、越境犯罪組織と化し、第三世界の国家より大きな財力を得ている。麻薬、売春、人身売買から不動産・金融・投機へと 「ビジネス」を拡大させ、その膨大な不当利益をマネー・ロンダリングし、殺人と買収で一国の政治を手なずけるまでになっている。
 本書は、フランスの司法官として実地で犯罪対策にあたっている著者が、膨大なデータをもとに、マフィアの定義、歴史と現況、組織編成と活動分野、国内外の拠点など、世界のマフィアの全体像を初めて明らかにした研究書である。(2006.7)


■目次
 一九九七年初版の序文(第三版まで同じ)
 第四版の序文
 はじめに

第一章・世界のマフィアと大型犯罪組織
 アルバニア、コソボ、マケドニア
 中南米
 メキシコ
 コロンビア
 ロシアとCIS諸国
 ロシアの大型犯罪組織の概要
 トルコ
 極東
 中国系の黒社会
 日本
 米国
 イタリア
 シチリアのコーサ・ノストラ
 カラブリアのヌドランゲタ
 カンパーニアのカモッラ
 プッリャのサクラ・コローナ・ウニータ
 南部イタリアのマフィア機構のまとめ

第二章・マフィアの定義
 マフィアの特徴
 凶徒の結社、大型犯罪組織、マフィア

第三章・マフィアが社会に及ぼす影響
 マフィアと政治、国家
 マフィアと経済
 マフィアと防衛
 マフィアと法
 マフィアと娯楽産業・興行界
 結論
 資料
 訳者あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。