書誌情報

カネミ油症 過去・現在・未来

カネミ油症被害者支援センター(YSC)[編著]
A5判並製/176頁/2000円
ISBN4-8461-0607-1 C0036

 1968年に発生した日本最大級の食品公害事件、カネミ油症事件は今もって解決していない。加害企業や国は責任をとらず、1万4000名を超えるダイオキシン中毒による被害者は、三十数年にわたって病魔に苦しみ、経済的保障すらされず放置され、患者本人ばかりでなく家庭も破壊された。
 本書は、水俣病研究の第一人者、原田正純、疫学の第一人者、津田敏秀、人権派弁護士として著名な保田行雄らが、カネミ油症事件をそれぞれの専門的立場から分析し、いかに被害者の人権が踏みにじられ、理不尽な状態に置かれているかを明らかにし、国の早急な救済を求めている。また、カネミ油症被害者支援センターによる詳細な被害者調査も収録した。(2006.4)


■目次
第1章 カネミ油症事件とはどんな事件か
 1 38年前に起こった日本最大級の食品公害事件
 2 ダーク油事件と油症事件の関連
 3 13%しか認定されなかった「認定制度」の不備
 4 裁判をめぐる問題とカネミ油症事件
 5 「解決したはず」の仮払金返還問題の苦しみ
 6 カネミ油症被害者支援センターの取り組み

第2章 カネミ油症被害者支援センター(YSC)の取り組み
 1 前史
 2 YSCが取り組んできたこと
 3 聞き取り調査から見えた被害者の病状
 4 カネミ油症と人権問題
 5 取り組みの中で見えてきたもの
 6 カネミ油症問題解決のためのYSC提言

第3章 弁護士から見た「カネミ油症事件」の問題点と解決の方向 保田行雄
 カネミ油症事件に対する人権救済申立書
 第1 申立の趣旨
 第2 申立の理由
 第3 人権侵害の具体的内容
 第4 必要な措置
 第5 日弁連の責務と日弁連への期待
 第6 補 足

第4章 医師から見たカネミ油症被害者の健康被害と克服への道 原田正純
 前文
 第1 厄介で便利なもの有機塩素系化合物質
 第2 カネミ油症事件の経過
 第3 カネミ油症の臨床症状
 第4 カネミ油症の診断
 第5 カネミ油症事件の責任
 第6 カネミ油症事件は史上最大の人権侵害
 第7 提言

第5章 疫学者から見た「カネミ認定」の誤りとあるべき姿 津田敏秀
 カネミ油症における食品衛生に関する問題について
 食品衛生法旧法(抄)
 カネミ油症事件における食品衛生行政に関する意見書

第6章 YSCの調査活動と資料
 1 女性調査
 2 男性被害者調査
 3 次世代影響――PCB・ダイオキシン被害は次世代まで
 4 骨と歯の健康調査から
 5 ケース・スタディ――家族票から見えてくる油症被害の実態
 6 台湾被害者

あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。