書誌情報

〔セレクテッド・ドキュメンタリ〕新・白神山地─森は蘇るか

佐藤昌明[著]
四六判並製/304頁/2300円
ISBN4-8461-0611-X C0036

 全国的な自然保護運動の高まりの中で、青秋林道の建設が中止され、白神山地の自然が守られて16年。その後、広大なブナ原生林保護のため世界遺産に指定された白神山地は、保護のあり方をめぐって紛糾、入山規制が実施され、いまなおその是非が問題となっている。なぜ、こんなことになってしまったのか?
 本書は、青秋林道建設問題の発端から第一線で取材にあたった記者が、関係者にインタビューしてまとめた現地レポート。新版にあたって、入山規制論に対する批判、青森県知事の林道中止の政治決断の真相、自然を蘇らせるブナ再生事業などを盛り込み、全編を新たに書き下し、自然保護とは何か、自然と人間との関係はどうあるべきか考える。(2006.5)


■内容構成
第1章 再訪・白神山地
 山の神様の祭り
 高倉森
 マタギ小屋で

第2章 青秋林道は、なぜ止まったのか
 仕掛け人
 連絡協議会の結成
 赤石川の人たち
 異議意見書
 住民よ怒れ
 森と川と海と
 消えた村大然
 ルート変更
 弘前の人たち

第3章 知事の決断
 逆流
 自民党政調会動く
 見直しに傾く青森県議会
 青森県庁の立役者たち

第4章 森は蘇るか
 保護運動の遺産
 世界遺産
 牧田私案=入山規制論
 入山規制反対論
 「自由」か「我慢」か
 知事からの宿題
 八森町は今
 尾瀬、そして白神

第5章 白神は今
 ブナ林再生事業
 高尾の森づくり
 牧田私案=入山規制論を批判する
 知事の決断の真相と背景

白神山地ブナ原生林保護運動に関する年表

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。