書誌情報

生殖医療の何が問題か

伊藤晴夫[著]
四六判並製/212頁/1700円
ISBN4-8461-0620-9 C0047

 生命科学・生殖医療の進展はめざましい。生殖医療は、確かに不妊で悩むカップル、「子どもがもてない」とあきらめていた人たちへの福音である。
 しかし問題は、そこから始まる。現在、不妊症や少子化を背景に代理出産が注目されているが、それは男女の産み分けや障害児の排除へつながる可能性がある。そして、無制限な生殖医療の応用がはじまり、その果てにデザイナー・ベビーが誕生しないとも限らない。
 いったい、「いのち」の操作は、どこまで許されるべきなのか。遺伝子操作を経た新しい人類誕生の扉はすでに叩かれている。われわれは明瞭な意志をもって「選択」すべき岐路に立たされている。 いのちとは何か、人間とは何か……。いま、われわれに必要なのは、豊かな想像力である。
 本書は、日本不妊学会の理事長を務めた第一人者が、生殖医療の現状と問題点を分かりやすく解説し、どこまで許されるのかを問う。(2006.11)


■目次
 はじめに

序 章 ヒトがヒトをつくることについて
 フィクションから考える「いのち」のかたち
 鉄腕アトムと人工生命

第一章 なぜ、いま考えなければならないのか
 すばらしくも勇ましき新世界
 坂の上に立つわたしたち
 人間とショウジョウバエ
 ダンベルを持ち上げる幼児

第二章 いま、「いのち」のなにが問題なのか
 きっかけは不妊症治療
 不妊症対策の変遷
 死後の生殖補助医療
 代理出産(代理懐胎)について
 遺伝上の親を知る権利(人工授精および養子)
 ダウン症児が消える
 着床前遺伝子診断(受精卵診断)
 クローン人間
 ヒトクローン胚研究

第三章 私が考える「いのち」の原則
 生命倫理の四原則
 日本人の古層と「いのち」の倫理
 私が考える原則
 利己と利他との往復運動
 子供の視点の重視
 優生思想を排除する
 商業主義を排除する
 性感染症対策

終 章 人類の未来とわれわれの「選択」
 「アイスマン」の衝撃
 「人間圏」という座標軸
 いまこそ民主主義の季節

 主要参考文献一覧
 あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。