書誌情報

監獄法改悪

監獄法研究会[編著]
四六判上製/349頁/2400円
ISBN4-8461-8624-5 C0036

 監獄法を改悪しようとする国家の目論見はなにか。十数年にわたる救援運動の実績をもとに弁護士、医師、活動家が協力し新監獄法=刑事施設法案を全角度から全面的に批判。同法案、同法修正案、留置施設法案も全文収録!(1986.7)


■目次
1 監獄法改悪と現代
 いま、なぜ監獄法改悪か

2 刑事施設法案全批判
 強化される「規律と秩序」――暴力的監獄体制の形成
 現代行刑思想と個別的段階的処遇批判
 監獄労働の現状と法案の問題点
 外部交通権の制限強化
 代用監獄条項と留置施設法案
 監獄法改悪と保安処分
 獄中医療の緊急の課題
 死刑囚処遇改悪の問題点

3 監獄をこえて
 行刑の国際水準と監獄法改正
 日本型行刑のルーツをたずねて――明治期行刑の一断面すら監獄を超えて

4 資料

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。