書誌情報

派兵国家日本の進路

派兵チェック編集委員会[編]
四六判並製/284頁/2200円
ISBN4-8461-9595-3 C0031

 日本政府はPKO協力法成立以降、各地に自衛隊を送り出すなど「国際貢献」に積極的である。しかし国連の名の下の国際平和とはいかなるものなのか。反戦・反派兵運動家たちが危機感とともに世界と日本の情況を分析する。(1995.6)


■内容構成
 「無力感」・「崩壊感」からの再出発──「まえがき」にかえて(天野恵一)

第1部 新しい反戦思想を求めて
 終りし道の標べに──冷戦終焉後の反戦・平和運動の視座(太田昌国)
 意見広告運動の意味・意義とは(吉川勇一)
 現実の言説を超え理念の現実化を(高橋武智)
 私の軍隊体験(大島孝一)
 「戦後平和論」から「普通の国」論への連続面──清水幾太郎と小沢一郎(天野恵一)

第2部 国連神話の戦後五〇年
 世界支配機構としての国連と日米安保体制(山川暁夫)
 国連協力を名目とした海外派兵と憲法(池田五律)
 敗戦五〇年と日本外交の転換(剣持一巳)
 憲法と戦後補償(内田雅敏)
 UNTACがカンボジアにもたらしたもの(木元茂夫)

【資料】日本の安全保障と防衛力のあり方(防衛問題懇談会)

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。