書誌情報

プロブレムQ&A─「基地・軍隊」と私たちの安全[「新ガイドライン」時代の反戦と平和]

派兵CHECK編集委員会[著]
A5判変並製/272頁/1900円
ISBN4-8461-9720-4 C0036

 「冷戦」が終結しても私たちの安全を「テロやゲリラ」などの危険地域紛争などの危機から守るために軍隊は必要だという。しかし兵士による暴力事件・性犯罪の頻発、環境破壊… 基地・軍隊が私たちの安全を脅かす現実から「真の安全」とは何かを問い直す。(1998.4)


■内容構成
[Qの例]
憲法と安保条約の矛盾はどう考えたらいいの?
有事立法って何ですか?
「在日米軍」の兵隊はどんなところに住んでいるの?
自衛隊は「災害援助」に必要なのでは?
戦争が始まったら「逃げればいい」のでは?
女性が軍隊に入れば軍隊は変わるのでは?
「民衆のための安全保障」って何ですか?

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。