書誌情報

検証・ダイオキシン汚染

川名英之[著]
四六版並製/408頁/2500円
ISBN4-8461-9813-8 C0036

 「史上最高・最悪の毒物といわれるダイオキシンは、発がん性、催奇形性、生殖毒性、免疫毒性を持ち、さまざまな健康被害を発生させる。しかし日本ではなんら対策をとらず、13年間も無為無策に終始した。このためゴミ消却によるダイオキシン汚染は世界一ひどい状況となっている。本書は、こうした現状を総括し、緊急対策を提言する。(1998.6)


■目次
第1章 世界に類のない激甚汚染
 欧米の大気の10倍の汚染度
 激甚汚染で紛争招いた焼却炉
 産廃焼却炉集中地域の悲惨
 住民運動で得た初の条例
 ダイオキシンとは何か
 一刻の猶予もならぬ緊急事態

第2章 生殖機能を損なうダイオキシン
 衝撃的な若者の精子数激減
 急増している子宮内膜症
 「環境ホルモン」への取り組み
 増加する「化学物質過敏症」
 こうして進められた環境ホルモン研究

第3章 ダイオキシンに無策13年
 著しく立ち後れた日本の対策
 問題多い専門家会議の報告
 汚染源判明後13年の無策
 市民運動の進展と厚生省の対応
 成果おさめた学校焼却炉廃止
 20年後の発生ゼロの対策

第4章 大事件から学ばなかった日本
 被害の恐さを実証した「枯れ葉剤」
 今なお続く「枯れ葉剤」被害
 ラブ・カナル事件とセベソ事件
 欧州のダイオキシン汚染問題
 日本の「ダイオキシン経験」

第5章 汚染を放置した廃棄物行政
 世界一のゴミ焼却・毒物排出量
 不法投棄を生む法の不備
 香川県公認の豊島不法投棄
 「業者が恐くて不法を黙認」
 産廃処理費の排出者負担
 ずさんな消却灰処理の実態

第6章 模範とすべきドイツの対策
 ゴミ行政批判勢力の台頭
 ゴミを極力焼却しない政策
 回収・再利用を業者の義務に
 「循環経済・廃棄物法」とゴミの減量
 ドイツの対策の影響と意義

第7章 塩ビの生産・焼却を禁止せよ
 誇張でない人類滅亡の危機
 塩ビ製品の生産・消却禁止を急げ
 塩ビをどのように規制するか
 今こそ廃棄物行政を大転換せよ
 緊急に取り組むべき対策

ダイオキシン・環境ホルモン問題関連年表

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。