書誌情報

解放の宗教へ

菱木政晴[著]
四六判上製/260頁/2200円
ISBN4-8461-9822-7 C0014

 宗教とは何か。宗教はいかに支配イデオロギーとなるのか。「国家神道」「靖国」の問題や、仏教の戦争責任を問うことを通じて、脅しと癒しの支配イデオロギーとしての宗教を克服し、「批判原理としての浄土」を根拠に解放の宗教を目指す。(1998.12)


■内容構成
第Ⅰ部 宗教とはなにか
 宗教とはなにか―解放の宗教と支配イデオロギーとしての宗教

第Ⅱ部 宗教はいかに支配イデオロギーとなるか
 「靖国」という問題
 国家神道の宗教学的考察
 遺族の声とどく―公式参拝違憲―京都・大阪靖国神社公式参拝違憲訴訟と戦没者遺族
 一九九〇年即位の礼・大嘗祭とは何であったか
 日本仏教による植民地布教―東西本願寺教団の場合
 日本仏教の戦争責任

第Ⅲ部 解放の宗教に向けて―真宗の場合
 解放の真宗の前提
 解放の真宗の基盤
 解放の真宗の実践

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。