書誌情報

地すべり災害と行政責任─長野・地附山地すべりと老人ホーム二六人の死

内山卓郎[著]
四六判並製/288頁/2200円
ISBN4-8461-9906-1 C0036

 1985年、長野市郊外の地附山で大規模な地すべりが発生、住宅団地や特別養護老人ホームを襲い、寝たきり老人多数が生き埋めとなり、26人の犠牲者がでた。ズサンな観光道路の開発と、危険が差し迫っていたにもかかわらず、避難命令が的確でなかったことが、この惨事の原因であった。しかし、行政側は自然災害、天災であると過失責任を認めなかった。著者ら被災住民の10年にわたる裁判闘争で道路開発による災害、行政の責任が明らかとなる。公共事業と災害、行政責任を問うドキュメント。(1999.6)


■内容構成
十二年目の慰霊祭
六日前の第一次崩落
老人ホームへの警告
避難命令と伸縮計移動量
死者二六人は二階居室の特養老人
避難命令と災害記録誌の欠陥
公共事業と災害の相関関係
地附山地すべり訴訟の争点
妙義の山中に消えた反骨の人
たてわり行政の弊害
日航ジャンボ機墜落と地すべりの風化
長野冬期五輪と地附山地すべりの関係

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。