書誌情報

日本型ワーカーズ・コープの社会史─働くことの意味と組織の視点

石見尚[著]
四六判上製/264頁/2400円
ISBN978-4-8461-0703-1 C0036

 働くということはどういうことなのか? 資本家も労働者もなく、人がその仕事に意味を見出して共に働いて成果を共に分け合い得ないのだろうか? 労働者生産協同組合、ワーカーズ・コープ(協同労働の協同組合)はそうした思想と運動だ。
 本書は、ワーカーズ・コープ研究の第一人者が、日本のワーカーズ・コープの歴史と運動史を総括、近未来の労働と社会のあり方を考える力作。(2007.3)


■内容構成
  まえがき

序 章 本書の視点
第一章 日本協同組合同盟の理想と現実
第二章 生産合作社運動
第三章 GHQの対日労働政策と日本の生産管理闘争の結果
第四章 企業組合と農事組合法人
第五章 日本の労使関係
第六章 労働者自主生産と協同組合化の道
第七章 市民事業型の協同労働の発展

 結びにかえて
 参考文献
 あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。