書誌情報

ホームスクーリングに学ぶ

リンダ・ドブソン[著]/遠藤公美恵[訳]
四六判並製/364頁/2300円
ISBN978-4-8461-0809-0 C0037

 今やアメリカでは、ホームスクーリングは優秀な生徒を多く排出している。本書は、草分け的存在である著者が、そのエッセンスを披露。手法や勉強のこつを具体的に伝授。ホームスクーリングをめざす親のみならず、すべての親に必読の書。(2008.7)


■内容構成
 第1章 できるホームスクーラーの習慣とは
  成功するホームスクーラーの七つの習慣

第1部 ライフスタイルを見つめる
 第2章 「学習中心のライフスタイル」を身につける
  学習中心のライフスタイルを再構築する/誰でもできる、ホームスクーラーの暮らしかた
  学習中心のライフスタイルを作りだす方法

 第3章 愛情の力を信じる
  「専門家」任せをやめる/親(母親として、父親として)の直観を信頼する
  眠っている能力を活用する/子どもの、親に対する信頼と敬意を育む
  自分に、必要なすべてが備わっていることを知る

 第4章 時間を作る
  とはいっても……/時間はあなたの秘密の武器/新しく見つけ出した時間を大切にする
  では、あなたは?

 第5章 常識にとらわれない
  ほかの誰もがやるからといって、同調する必要はない/子どもはそのままで、完成した一個の人格である
  生活を小分けにしない!/子どもは教えなくても学ぶ/学習の方法は、猫の毛皮の種類ほどもある
 学習は、机の前だけでするものにあらず
 お金で優秀な成績を買うことはできない それは、お金で幸福が買えないのと同じこと

第2部 子どもの個性を見つめる
 第6章 子どもを子ども時代に帰す
  子どもの学力はこうして伸びる/子ども時代の魔法/子どもはすばらしい
  子どもの天性は簡単にだめになる/子どもには活動と、暇が必要である
  「子ども時間」というもの/プライバシーを尊重する
  子どもが「子どもでいる」権利を積極的に守る

 第7章 子どもはどんなふうに学ぶか
  基本/学習の方法についての初心者向け手引き/どうするべきか

 第8章 学習を成功させるための六つの原則
  好奇心/生まれながらの意欲/目的地への道/楽しさ/失敗を怖れず、成功を求める
  勉強するだけで満足しない。知識を応用すべし/大切なのはプロセス

第3部 望ましい学習環境を整える
 第9章 もっとも理想的な学習ができる環境
  子どもの学習環境を充実させる/経験を深め、広げる
  子どもが「フロー」経験を探究する手伝いをする/経験の幅を広げる/一つのことを深く学ぶ

 第10章 外の世界に飛び出す
  大人は今知っていることや使っているものを、どこで学んだか
  誰といっしょに出かけるか/地域を教室に/ボランティア活動で、地域に恩返しをする
  家族で外に出かける

第4部 親の大切な役割
 第11章 先生? それともファシリテーター?
  ファシリテーターとはなんぞや?/子どもの教育に、自分の居場所を定める
  教師とファシリテーターのちがい/学習をファシリテートする特権
  ファシリテーターの技能に磨きをかける/結局は、親の関与

 第12章 口に出して考える
  偶然の発見/やっぱり、仲間が!/声に出して考える/注意点

 第13章 家庭学習の手伝い
  子どもの先生を味方に引き入れる/コンピューターの力を借りる/場所を設ける
  お子さんをステレオタイプから解放する/個別教育計画(Individualized Education Plan)
  姿勢を正す/家庭学習のあれこれ

 第14章 ノートのとりかた、勉強の習慣、テスト勉強
  ノートをとり、整理する/何をノートにとるべきか/勉強の習慣とテストの準備
  子どもを正しいスタート地点に送りだすには/お子さんにできること

 第15章 生徒になるとき
  生徒になる/できる子どもとのあたらしい暮らしを謳歌する

  巻末資料 やってみましょう。「楽しい学習」を始動する知恵
  訳者あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。