書誌情報

戦争の家〔上〕─ペンタゴン

ジェームズ・キャロル[著]/大沼安史[訳]
四六判上製/672頁/3400円
ISBN978-4-8461-0904-2 C0031

 2001年9月11日、アメリカン航空77便が米国防総省に突っ込んだ。1941年のその同じ日、ペンタゴン=「戦争の家」の起工式が執り行われた。このアメリカの戦争マシーンが、第二次世界大戦、原爆投下、核の支配、冷戦を通じて、いかにして合衆国の主権と権力を簒奪し、軍事的な好戦性を獲得し、世界の悲劇の「爆心」になっていったのか?
 本書は「戦争の家」と「核」、そしてアメリカの上になおも荒れ狂う「戦争」に関する物語である。そして、その力に歯止めをかけようとして挫折した多くの人びとの証言の記録である。 (2009.3)


■内容構成
プロローグ
第一章 1943年 ある週の出来事
 地獄の底
 無条件降伏
 ポイントブランク作戦
 ルメイ
 天才児 他
第二章 絶対兵器
「トルーマンの決断」
 スティムソンの弁明
 日本ではなく、モスクワ? 他
第三章 冷戦、始まる
 軍務に就く
 スティムソンの「9・11」
 フォレスタルの闘い 他 第四章 現実化する被害妄想
 スターリンの牙
 水爆への「ノー」
 ニッツの救援
 フォレスタルの幽霊 他
第五章 転換点
「家」の日々
 ベルリンの悪戯
 「戦争ですね」
 リッチモンドに逃げろ! 他
訳者 上巻あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。