書誌情報

“緑のダム”の保続─日本の森林を憂う

藤原信[著]
四六判上製/232頁/2200円
ISBN978-4-8461-0906-6 C0036

 日本の森林は荒廃の一途を辿っている。原因は、森林の「保続原則」を軽視し、収益性、経済性を追い求めた林野庁の行政にある。そして、それに歯止めをかけられなかった林学研究者にもまた、責任がある。
 森林は、治水面、利水面で “緑のダム” として、我々に不可欠なものである。このまま森林の荒廃を放置すれば、数十年後には、取り返しのつかない事態になるだろう。森林の公益的機能を再認識し、森林を保続するため、今こそ、ヒトとカネを注ぎ込まなければならない。 (2009.6)


■目次
はじめに

第1部 日本の森林を憂う
 第1章 戦後の森林・林業政策
  戦後の造林の流れ/拡大造林のはじまり/密植短伐期林業への誘導
  森林開発公団の顛末/分収造林の失敗/林業公社も大赤字
  世論に迎合した大増伐/木材価格の下落と林業不振/変動為替相場制への移行
  憂うべき森林の荒廃

 第2章 戦後の国有林の変遷
 1 国有林野事業特別会計
   「技官長官」と「特別会計」/恒常在高法を基礎とする蓄積経理
   恒常在高法についての疑問/蓄積経理方式の見直し/サラ金地獄への転落
   累積債務の肩代り/最近一〇年間の実績/国有林への挽歌

 2 国有林野経営規程
   国有林野経営規程の制定/三三年経営規程の改正/生産力増強計画と木材増産計画
   四四年規程の改正/国有林施業の実態/国有林における新たな森林施業
   新たな森林施業の実態/亜高山帯での森林施業/平成三年規程の改正
   経営規程の法律化

 3 迷走する国有林
   森林開発の顕在化/国有林破滅への第一歩/分収育林と緑のオーナー制度
   リゾート法とヒューマン・グリーン・プラン/ヒューマン・グリーン・プランの一事例

 4 国有林再生への提言
   破綻する国有林/国有林再生への提言/環境庁の環境省への格上げ
   再び提言する/国有林野事業の抜本的改革に向けて
   木材生産重視から公益的機能重視への転換/行革推進法による大改悪
   国有林解体に反対する/国有林を環境省の所管に

 第3章 森林経理学論争
  1 森林経理学について
   森林経理学の指導原則/法正林は森林経理学の理論的支柱

  2 森林経理学批判と反論
   計画的な国有林伐採/森林経理学論争の発端/森林経理学に別れを告げて
   森林経理学者の反論/国有林崩壊への途


第2部 “緑のダム”の保続
 第1章 森林は公益財〜公益的機能の評価〜.
  森林の公益性評価/公益的機能の定量化/林野庁による評価
  日本学術会議による評価/日本学術会議のあり方について
  森林の水源涵養機能/「答申」に対する森林水文学研究者からの反論
  森林と渇水との関係/三菱総研による評価
 第2章 “緑のダム”について〜水源涵養機能の評価
  緑のダムの機能/森林の蒸発散は?陸域の海?
  水源涵養機能の定量化の方法/長野県の「森林と水プロジェクト」
  森林総研による水源涵養機能の評価/日本の森林理水の流れ/“緑のダム” の役割
 第3章 利根川の治水〜カサリン台風の場合〜
  戦中の乱伐による利根川水害/八ツ場ダム
 第4章 奥利根上流地域の森林〜過去・現在・未来〜
  一 奥利根上流地域の国有林
   奥利根上流地域の国有林の概要/奥利根地域の国有林施業の沿革
   戦後の国有林施業/第二次計画書の「林況概況」
   第三次計画書の「林況概況」/第四次計画書の「林況概況」
   第五次計画書の「林況概況」

  二 群馬県の森林・林業 〜奥利根上流域を中心に〜
   奥利根上流地域の国有林の現況/群馬県の森林の貯水能力
   奥利根上流の森林の貯水能力

  三 赤谷プロジェクト
   地域住民による国有林の保全/国有林再生への将来像

 第5章 “緑のダム”かコンクリートのダムか
  コンクリートダムによる環境破壊/脱ダムの動き
  コンクリートにも寿命がある/アルカリ骨材反応によるコンクリートの劣化   ダム建設の技術者に化学の知識を/ダム撤去の問題に直面する

 おわりに

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。