書誌情報

ペンの自由を貫いて─伝説の記者・須田禎一

小笠原信之[著]
四六判上製/304頁/2500円
ISBN978-4-8461-0913-4 C0036

  本書は伝説の新聞記者・須田禎一の「筆」と「生涯」に肉薄する書である。敗戦日本の針路を決める講和条約には全方位の友好を目指す全面講和論を最後まで貫き、東大生・樺美智子が権力に虐殺された「60年安保」では、<ともあれ事態の収拾を>と呼びかけた在京「七社共同宣言」の事なかれ主義を徹底批判した。北方領土問題然り、ベトナム戦争然り。全身全霊を傾けて胸のすく硬派の筆を振るいながらも、情にもろく、理想の火を燃やし続けた、人間味あふれるジャーナリストが存在した。彼が激動の「昭和」と格闘し、遺してくれたものは何か?
 須田・生誕100年の今、ジャーナリズムはやせ細るばかりである。その「再生の書」として本書を世に送る。<新聞が死んだ>と言わしめた60年安保から半世紀。今、私たちが須田禎一から学ぶことは多い!(2009.11)


■内容構成
序 章 須田禎一と私
第1章 生い立ち
第2章 ジャーナリストに
第3章 教師に、そして道新へ
第4章 政治・外交の社説を書く
第5章 コラム「卓上四季」の筆鋒
第6章 “鮭の回遊”
第7章 晩年

須田禎一の著書・訳書・関連資料
本書執筆で主に参考にした本・資料
あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。