書誌情報

戦争の家〔下〕─ペンタゴン

ジェームズ・キャロル[著]/大沼安史[訳]
四六判上製/688頁/3500円
ISBN978-4-8461-0915-8 C0031

 「戦争の家」=ペンタゴン(国防総省)は、東西冷戦の頂点「ベルリンの壁」「キューバ危機」の勃発で、核攻撃を大統領に迫り、世界は破局の瀬戸際に立つ。今やモンスターと化した「アメリカ帝国」の司令部、ペンタゴンは、大統領さえ翻弄する……。
 本書〔下巻〕では、ケネディ時代の「ベルリン」「キューバ」危機以降、ベトナム戦争を経て、ブッシュのイラク戦争に至る、米国及び世界の戦争と破局の危機の現代史を追い、「戦争の家」の知られざる歴史の内幕と世界支配を狙う「アメリカ帝国」化の道を照らし出す一方、核戦争の危機を回避し、平和の扉を開こうとする人びとの闘いの歴史を浮き彫りにする。 (2009.12)


■目次
第五章 転換点【続き】
 6 新しい情報機関
 7 マクナマラとルメイ
 8 発作的全面攻撃
 9 ケイセンのメモ
 10 崖っぷちに立つ
 11 アメリカン大学で
 12 ケネデイを愛する理由

第六章 悪魔祓い
 1 破滅の現場で
 2 不条理のルメイ
 3  心の過ち
 4 白い巨鯨
 5 マクナマラ、最後の闘い
 6 軍縮から軍備管理へ
 7 ベリガン兄弟
 8 ABMへ ニッツの復帰
 9 ニクソンとレアード
 10 ノックアウト・パンチ
 11 「家」を爆破?
 12 静かな幕切れ

第七章 流れに抗して
 1 核の神父たち
 2 狂人の理論
 3 シュレジンジャー・ドクトリン
 4 ラムズフェルドとチェイニーの登場
 5 ジミー・カーターの疑問
 6 凍っった微笑
 7 民衆の声が聞こえる
 8 恐れるなかれ
 9 勝った、サインしろ
 10 凍結
 11 核の廃絶者
 12 聖域
 13 ゴルバチョフの登場
 14 フォレスタルへの答え

第八章 終わりなき戦争
 1 剣を鋤に変える
 2 スティムソンに還る
 3 「ジャストコーズ作戦」
 4 愚か者のゲーム
 5 新世界秩序
 6 中国の言葉
 7 ゴールドウォーター・ニコルズ法
 8 移民の子
 9 クリントンの名誉
 10 軍隊の同性愛者
 11 トルーマンとの違い
 12 核体勢の見直し
 13 バルカン戦争
 14 核の使徒列伝
 15 二〇〇一年九月十一日

エピローグ
 1 国民の記憶
 2 戦争の常態化
 3 録画再生
 4 国家安全保障?
 5 復讐
 6 私には夢がある

訳者 下巻あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。