書誌情報

自由な学びとは―サドベリーの教育哲学

ダニエル・グリーンバーグ[著]/大沼安史[訳]
四六判上製/480頁/3400円
ISBN978-4-8461-1001-7 C0037

[原著]Daniel Greenberg (1994)
Worlds In Creation, Sudbury Valley School.

 ダニエル・グリーンバーグが「サドベリー教育」について書いた本は数多いが、そのほとんどはエピソード中心の入門の書である。これに対し本書は、著者の「サドベリーの教育哲学」を全面的に展開したものだ。サドベリー・バレー校での経験から生み出された著者の教育理論の全結晶である。
 物理学者であり科学史家でもある著者は、独自の視点で、古代ギリシャの自然哲学をはじめ歴史、言語、経済などさまざまな領域に分け入り、「自由な学び」を土台から再構築する。上意下達のピラミッド型組織から、対等な水平組織へ! 新たな「この時代」の、現実的な学校理論として、「自由とデモクラシーの教育哲学」を提起している。(2010.9)


■目次
 序


恐怖が消えて行く
 実はつながり合っていた、無関係に見えたいくつかの問題
 鍵、それは進化が付与したもの
 「恐怖」と「前近代文化」
 恐怖と近代
 ポスト産業期における恐怖からの自由
知識と不確実性
 注目されるのを待ち望んでいたこと
 前近代
 近代世界
 「ポスト産業期」
 ランダム・創造・価値
ポスト・モダンの時代に考える
遊び
 付記
一人とみんなをつなぐもの
卓越さの追求とデモクラティック・スクール


子どもたちと大人たち──人間行動をめぐるエッセイ
 ⑴ 「モードル」を創造するプロセスは、絶えざる新情報の吸収を含む
 ⑵ 「モードル」の創造プロセスは、外部に向かって拡大する、ダイナミックな探求である
 ⑶ 私たちの「モードル」をめぐる取り組みは、思考の意識的・無意識的なレベルで生起する
 ⑷ 「モードル」はすべてを包含するものであり、明示的な記述で限定できるものではない
 ⑸ 「モードル」は常に、自ら変化と修正を続ける
 ⑹ 「モードル」の維持は、主要な精神活動であり、生存への欲求に埋め込まれたものだ
 ⑺ あらゆる学習、思考、問題解決は「モードル」によるものであり「モードル」に関連したものだ
 ⑻ 他者との間の、あらゆる社会的な相互作用は、当事者の「モードル」同士がうまく繋がり合う、
  その度合に依拠する
後記


サドベリーと「現実世界」
サドベリーと二つのエコノミー
マネー・取引・経済秩序の進化


教育の意味
学ぶこと、教えること、そして教師であることについて
関心を持つということ
 「関心」というものの「兆シンプトン候」とは何か?
 「関心」の兆候を示している人に、どんな正しい「対トリートメント症療法」を施したらよいか?
 兆候を示していた者が適切な対症療法を受けた時、その「予プログノーシス後」はどんなものになるのか?
 「関心」というものの「原エティオロジー因」とは何か?
 「一九六八年」から──訳者あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。