書誌情報

アメリカの暗殺者学校

ジャック・ネルソン=ポールミヤー[著]/安倍陽子[訳]/戸田清[監訳]
四六判上製/304頁/2600円
ISBN978-4-8461-1004-8 C0031

 ゲバラの暗殺、チリ・反アジェンデ・クーデター、エルサルバドルやニカラグアなどの内戦と虐殺……数えきれないほどの、ラテンアメリカで貧困層を中心とする反政府の市民運動、民主主義を求める市民運動に対する弾圧、テロ、虐殺、拷問の嵐は、米国資本の権益とラテンアメリカ特権階級の利益を守るために開設された「暗殺者学校」と呼ばれるアメリカ陸軍米州学校(SOA)の卒業生や、訓練を受けた特殊部隊とその協力者によるものだった。かれらの活動は、アブグレイヴ刑務所スキャンダルなどでも垣間見えたようにイラク戦争、アフガン戦争にも及んでいる。
 暗殺の仕方、クーデターの起こし方、市民への脅迫・拷問の仕方、虐殺の方法、諜報・謀略組織の作り方などなど、本書は、数十万の犠牲者を出したと言われる「暗殺者学校」の活動の実態を、白日の下にあきらかにする。(2010.5)


■目次
日本語版への序文
はしがき ロイ・ブルジョワ
序文
解説

第一章 公式の歴史と民衆の物語
 記憶:そんなはずではなかった
 テロのパターン
 エルサルバドル:SOAのサクセス・ストーリー?
 SOAからWHINSECへの改称

第二章 銃と強欲とグローバリゼーション 連続性と変化
 国益と柔軟性
 抑圧的な兵士と抑圧的な経済学
 実利主義の今昔

第三章 SOAに注目
 神話と現実
 冷戦の任務

第四章 証拠と戦術
 氷山の一角

第五章 さらなる証拠と重要な疑問点
 暗殺部隊と隠蔽
 もうひとつのエルサルバドル
 独裁者たちを選り好む

第六章 地政学とSOA/WHINSEC 外交政策の第一段階
 悪質な開発と軍事独裁
 教会と安全保障(優先)国家

第七章 地政学とSOA/WHINSEC 外交政策の第二段階から第四段階
 二重路線
 二番目の路線:他の手段の活用
 第三段階と第四段階:経済的手段の優位
 第三段階:軍事部門の役割縮小
 第四段階:経済力の強化と再軍事化

第八章 経済のグローバル化と強欲
 経済のグローバル化は有益とする新たな神話
 神話から現実へ
 弱体化される民主主義
 不平等
 環境

第九章 薔薇は別の名前にしてみても
 改称の裏で
 SOA/WHINSECの今日の任務

資 料
国際機関・協定の説明
原注
監訳者あとがき
訳者解説

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。