書誌情報

記者クラブ─情報カルテル

ローリー・アン・フリーマン[著] 橋場義之[訳]
四六判上製/360頁/3000円
ISBN978-4-8461-1018-5 C0036

 日本のメディアは記者クラブや新聞協会、メディアグループなどがつくり出す「情報カルテル」によって支配されている。この情報カルテルは、報道されるニュースの種類や報道に携わる者の数と構成を制限し、記者と公的取材源との密接な関係をつくり出し、独自報道をする記者とメディアの能力を制限し、政治によって操作・支配されている。その結果、「報道の自由」が事実上制限され、国民は真実を知ることができず、民主社会の発展を阻害しているのである。
 本書は記者クラブ制度を軸にした情報カルテルの歴史と実態を実証的、批判的に明らかにする。(2011.1)


目次



第1章 メディアを取り込む
 1 なぜメディアが問題か
 2 メディアと政治プロセス:関係論的アプローチ
  関係論的見地からみたメディア/日本のコネ社会
 3 第四の権力か、それとも国家のためか 日本における報道
  コントロールの重要な制度
 4 全国紙と日本のメディア産業
 5 日本の報道機関の役割は?

第2章 歴史にみるプレス、政治、市民
 1 先例
 2 新聞と国家の結びつきの確立
  財政基盤を支える/新聞をコントロールする法的・超法規的手段
  日本の公僕≠スちが共有していた信念と目標
 3 新聞と政府の関係の要約:一八六八〜一八九〇年
  「御用新聞」の成立/「政論新聞」の盛衰/「独立新聞」の誕生/支配的な組織形態の台頭/まとめ
 4 情報カルテルの出現:明治から敗戦まで
  最初の公式の記者クラブ/統制を巡る闘い:新聞社、記者クラブ、取材源/軍国主義下の記者クラブ
  戦後の記者クラブの再生:制度の継続性に関する議論
 5 過去の歩みに依存していることの重要さ

第3章 日本の情報カルテル─第1部 競争と排除
 1 競争、協力と情報市場
 2 戦後の記者クラブとクラブ・ジャーナリズム
 3 閉鎖的な組織:情報カルテルとしての記者クラブ
 4 市民に対する共謀

第4章 日本の情報カルテル─第2部 規約と制裁を通じた関係の構築
 1 相互に作用する規約の策定
  公式のルール/非公式なルールとその他のルール/非公式なルールとパック・ジャーナリズム
  ケーススタディ:文部省クラブ/ルールの機能:簡短な要約
 2 制裁の主要な役割
  記者クラブによる制裁/取材源による制裁/制裁についての考察/違反者を探しあてる
 3 ルールのネガティブな影響

第5章 網の目の拡大:新聞協会と系列の役割
 1 日本新聞協会
  日本新聞協会と記者クラブ問題/ケーススタディ:皇太子妃探しにおけるニュースの管理
 2 メディア系列
 3 結論

第6章 なぜ情報カルテルが問題なのか
 1 メディアの喩え
 2 日本の情報カルテルがもたらしたもの
  事実の保証/政治監視機能の弱体化/議題設定プロセスの制限/代替メディアの周縁化
  ニュースと意見の画一化
 3 日本はどれくらい例外か?
 4 回顧と展望
 5 だれがメディアの議題を設定するのか?

補遺A 国会記者会規約
補遺B 北見記者会司法クラブ規約
補遺C 宮内庁雑誌記者クラブ協定の足跡
補遺D イギリスのロビーとの比較

原注
解題
訳者あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。