書誌情報

資本主義からの脱却

エルヴェ・ケンプ[著]神尾賢二[訳]
四六判上製/228頁/2200円
ISBN978-4-8461-1103-8 C0036

 エコロジー危機の深化を放置することは、文明の存立条件の継続的かつ深刻な崩壊につながる。富裕階級の虚栄的浪費活動がグローバルな文化モデルを規定し、政治経済を支配する寡占階級=オリガルキーが不公平と貧困と飢餓を生み出している。生物圏の均衡の限界を越えないためには、欧米日などの先進諸国の資源消費量を半分まで下げる必要がある。富裕階級に課税し浪費を止めさせ、資本主義の破壊的メカニズムから脱却することこそが急務である。(2011.3)


■内容構成
序文

第一章 資本主義は何を残したかーその消滅の前にー
 生産性の奇跡
 投機家の天下
 新資本主義の根幹にある腐敗堕落
 不平等の勝利
 経済主義世界
 アントロポセン(人類中心紀)へようこそ

第二章 マーケット・ノイローゼ症候群
 個人、裸の王様
 政治より心理学
 公共空間の私物化
 社会的絆の喪失
 家族、引き裂きます
 生きるとは、消費することーそして裏切られること
 すべては買われ、すべては売られる
 パンとゲームとセックス
 反資本主義の市場
 資本主義は社会の抹殺を望んでいる
 無言の交換

第三章 緑の経済成長の幻想
 「未来のエネルギー」、汚染された発想
 気候変動を抑える原子力の欺瞞
 うそぶく風
 自動車のための森
 埋もれた夢
 汚れた黄金の国
 資本主義についての三つの教訓
 経済的パラメーターとしての人類のサバイバル
 社会は何十億も儲けることができる
 フェティシズムの終焉
 閑話休題
 ろうそく、石器、金貨がざくざく

第四章 協同と独裁
 資本主義、腐った花
 オルターナティヴはもうそこにある
 資本主義からの脱出、市場主義経済の否定
 金持に課税するのは当然である
 スローの勇気
 美しい庭、地球
 永続的平和に向かって

原注
訳者あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。