書誌情報

低線量内部被曝の脅威─原子炉周辺の健康被害と疫学的立証の記録

ジェイ・マーティン・グールド[著]肥田舜太郎・斎藤紀・戸田清・竹野内真理[共訳]
A5判上製/388頁/5200円
ISBN978-4-8461-1105-2 C0036

 本書はアメリカ合衆国の核施設がもたらす健康被害について、大気圏核実験時代(1945年〜63年)に続く核被害を参照としながら、徹底した疫学調査をもとに、簡明な図表と明快な論調で解説する。
 とりわけ、アメリカ全土3,053の郡における人口および死亡数を追跡し、年齢グループを18に分けた上でのグループ別年齢調整死亡率を5年を1期間とした3期間を通じて割り出すという、膨大な基礎作業を通じて、核施設周辺での癌死亡率を分析していく姿勢は圧巻である。
 また大気圏核実験、チェルノブイリ核事故が、地球規模で影響を与えていったことについて、様ざまな統計データをもとに実証。放射能汚染が地球全体の問題となることについて象徴的に示し、高リスク地域から低リスク地域への移住が問題の解決にはならないことを指摘する。
 レイチェル・カーソンの予見を裏付けた、手ごたえのある警世の書。(2011.3)


■内容構成
はじめに
概観と要約

第一章 序論:放射性降下物と郡の乳癌発生率
 1.原子炉との近接度
 2.郡の癌死亡率の情報源
 3.放射性降下物の影響
 4.低線量放射線の健康に対する影響の暴露
 5.郡の癌死亡率の年齢調整
 6.真実の暴露におけるパソコンの重要性

第二章 放射性降下物と免疫異常
 1.1935年以来の乳癌発生率の変化
 2.乳癌と放射線の結びつきはなぜ、隠されてきたのか
 3.放射性降下物と新生児
 4.放射性降下物と低出生体重児
 5.新生児の健康の最近の悪化
 6.低線量放射線への黒人新生児のより高い感受性
 7.新生児の生育力の低下に関するその他の測定
 8.新生児の甲状腺機能低下症
 9.核実験が行なわれた期間のミルク中の放射能測定
 10.無意味なミルク中の放射線マイナス値の測定
 11.老朽化した原子炉の腐蝕
 12.ソ連における核の腐蝕

第三章 低出生体重児とベビーブーム世代の免疫不全
 1.1963〜1980年に見られた核実験放射性降下物による晩発性の影響
 2.1960〜1990年に見られた放射性降下物による晩発性の影響
 3.1980年以降に見られた放射性降下物による晩発性の影響
 4.「 ベビーブーム」世代の免疫不全と生産性

第四章 乳癌死亡率と原子炉からの放出物
 1.「原子炉との近接度」をどう定義するか
 2.オークリッジ周辺の乳癌死亡率
 3.年齢調整の意味
 4.「統計学的に有意」の概念
 5.オークリッジ核施設がもたらす人間の悲劇についての論文

第五章 1950年以後の乳癌死亡率の地域差
 1.乳癌死亡率理解の鍵となる地域差
 2.発生率は死亡率以上の増加
 3.電離放射線に対する癌の対数的な放射線被曝線量反応関係
 4.農村地域と都市における発癌の傾向の収斂

第六章 国立癌研究所はなぜ、原子炉の周辺での発癌リスクの増大を見逃したのか
 1.国立癌研究所はどのように被曝した郡を定義したか
 2.集計された死亡率に見られる有意な増加
 3.対照群としての郡の奇妙な選定方法

第七章 原子炉周辺における発癌リスク増大の本質
 1.老朽化したDOE原子炉周辺が最も危険
 2.原子炉施設から50 マイル以内の「核施設のある」郡
 3.乳癌死亡率の傾向と降雨
 4.農村と都市における癌発生率の収斂について

第八章 放射性降下物と乳癌
 1.大都市におけるミルクの消費
 2.裕福な都市地域における過去のX線の過剰使用
 3.1945年における放射線の傷害性
 4.乳癌とロスアラモス
 5.1945 年におけるアラモゴードでのトリニティ原子爆弾の爆発
 6.ニューヨーク大都市圏における乳癌死亡率
 7.ウエストチェスターにおける乳癌
 8.ブルックヘブンとサフォーク郡の乳癌
 9.放射性廃棄物による魚への危険
 10.公衆向けテレビを使った防衛戦
 11.商業テレビを使ったブルックヘブンの内部告発
 12.ブルックヘブンに対する集団訴訟の要求
 13.ブルックヘブン国立研究所の二枚舌
 14.乳癌とコネチカットの原子炉
 15.最高の乳癌死亡率を持つ都会型の郡
 16.五大湖の近くにおける乳癌の高発生率
 17.ミネソタの原子炉の近くでの乳癌死亡率
 18.原子炉から100マイル以内にある「核施設のある」郡
 19.「核施設のある」郡と「核施設のない」郡の間の死亡率比

第九章 もう遅過ぎるだろうか
 1.生物種の消滅
 2.なお存在する未汚染地域
 3.政府をどう扱うか
 4.時間との競争

付 録
付録A 原子炉周辺の乳癌死亡率の計算
付録B 60 の原子炉施設と周辺の郡のコンピュータ処理による地図
 「核施設のある」地域と「核施設のない」地域
 五大湖諸州
 モンティセロ/プレイリー島原発
付録C 原子力発電所から放出される放射性物質
 1 ヨウ素131 と放射性粒子状物質の大気中への放出
 2 ガス状の核分裂生成物と放射化生成物の大気中への放出
 3 液状の核分裂生成物と放射化生成物の廃液中への放出
 ピークスキル周辺におけるインディアンポイント原発の放出放射能の健康への影響
付録D 国立癌研究所はどのように原子炉周辺における乳癌リスクの増加を確認したか

参考文献
核時代の構造ー「内部の敵」改訂訳に際して
 はじめに
 1.核時代
 2.疫学調査
 3.原子力産業
 4.アメリカの悲劇
 5.原爆被害と低線量被曝をめぐる問題
 6.トリニティ核実験
 7.さいごに
訳者あとがき
索引

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。