書誌情報

東電の核惨事

天笠啓祐[著]
四六判上製/224頁/1600円
ISBN978-4-8461-1111-3 C0036

 東電福島第一原発では、終熄作業の目処すらたっていない。電力会社は原発建設にまい進しただけでなく、「オール電化」を推進して電力需要の拡大を図り、政府がそれを後押しすることで、原発に依存する社会を作ってきた。その意味では、政府や電力会社が招いた人災である。また過去の原発の事故が警告し続けてきたことを生かさなかった、起こるべくして起きた事故といえる。
 広島、長崎の被爆経験を持つ日本で、大規模な核惨事が起きたことは、言いようのない悲劇である。それをもたらした組織、人物たちの共同の犯罪といえ、その罪万死に値する。原発事故は、最後には多くの人に犠牲を求めることになる。これからは、いつ果てるとも知れない長期にわたり、かけがえのない空気と大地と海、食品や飲料水が汚染されつづけ、被害は多くの人々を生涯にわたって脅かすことになる。(2011.7)


■内容構成
はじめに

第1章 最悪の事故発生
 史上最悪の核惨事/冷却材喪失事故とは/四機同時事故が対応を複雑にする
 起こるべくして起きた事故

第2章 ウラルの核惨事への道
 原発は原爆製造から始まった/戦後の原子炉開発の歴史/米国では高速増殖炉が本命
 原子力潜水艦/軽水炉の時代へ/高速増殖炉で事故発生/初期の原発事故
 空軍基地爆撃機が墜落炎上事故/ウインズケール事故/ウラルの核惨事
 廃棄物が臨界爆発/臨界事故/SL1炉・暴走事故/エンリコ・フェルミ炉事故
 輸送事故・軍事事故/日本分析化学研究所事件

第3章 スリーマイル島原発事故への道
 美浜原発燃料棒折損事故/廃棄物処理場の汚染事故/原子力船むつ漂流
 ブラウンズ・フェリー原発火災事故/スリーマイル島原発・炉心溶融事故
 再処理工場での事故/ラ・アーグ再処理工場停電事故/敦賀原発の汚染事故
 カルカー原発ナトリウム火災事故

第4章 チェルノブイリ原発事故起きる
 チェルノブイリ原発・暴走事故/遅れた避難/石棺づくりへ/北半球を汚染
 被害を小さく見せる国際評価/ヨーロッパ各国の対応/日本でも食品汚染が
 三七〇ベクレルの意味/ギロチン破断事故/イギリスでもギロチン破断事故
 増殖炉先進国フランスも挫折/ロシアでも頓挫/福島第一原発の火災・美浜原発の落雷事故
 福島第二原発事故/美浜原発事故/蒸気発生器の問題点とは

第5章 もんじゅ事故・JOC臨界事故発生
 高速増殖原型炉もんじゅで事故起きる/動燃事故/動燃誕生の背景/堕ちた看板
 末期症状を迎えていた動燃の現場/敦賀原発の配管亀裂事故/JCO臨界事故起きる
 事故の背景/原子力事故での最初の犠牲者/病気との闘い/国の政策の犠牲者
 多数の被曝者/被曝労働者は被曝者に含まれない/美浜原発一一人死傷事故
 志賀原発臨界事故/新潟中越沖地震による柏崎原発事故

第6章 過去の事故と福島の事故
 繰り返されてきた事故/経済性優先/繰り返される隠ぺい・ねつ造・改ざん
 無視される安全教育/多重防護という名の傲慢/被害はいつも市民に
 事故の過小宣伝と早過ぎる安全宣言/事故は時間と場所を選ばない

第7章 福島の核惨事と放射能汚染
 放射能がもつ性質とは/放射線とは/本当に怖いのは晩発性障害/家畜の奇形から始まった
 放射線/放射線と防護基準の歴史/アララの理論の登場/許容線量から実効線量当量へ
 食と農への影響/チェルノブイリの放射能被害/負の遺産を抱えながら生きる時代へ

終 章
 社会のあり方を変えることができるか/温暖化と原発推進/環境はカネでは買えない
 バイオ燃料は食料問題を引き起こす/大規模自然エネルギーは環境を破壊する
 危険な水素利用/地域循環型社会にエネルギーも組み込む

あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。