書誌情報

放射線規制値のウソ―真実へのアプローチと身を守る法

長山淳哉[著]
四六判上製/180頁/1700円
ISBN978-4-8461-1116-8 C0036

 福島第一原発による放射線被ばくの長期的影響は、致死ガンその他の疾病、胎内被曝による脳へのダメージ、遺伝子の突然変異、遺伝子・染色体障害など、さまざまに及ぶ。妊婦や幼児ばかりでなく、大人もそうした影響に曝される。
 本書は、国際放射線防護委員会(ICRP)などの国際機関や厚生労働省の放射線規制値がいかに甘く、人間の健康に脅威であるかを、科学的に明らかにする。そして、政府の放射線規制値を現在の10 分の1程度に低く、厳しくしないと、私たちの健康は守られないと結論する。また、放射線から身を守る方法も提言する。ダイオキシン研究・環境医学研究の第一人者による渾身の書!(2011.10)


■内容構成
はじめに
第一章 放射線の基礎知識
 一 放射線
 二 放射性崩壊
 三 崩壊系列
 四 中性子線
 五 イオン化(電離)による生体影響
 六 確定的影響と確率的影響
 七 放射性物質と放射能
 八 外部被ばくと内部被ばく
 九 放射線と放射能の単位
  ⑴ 放射能の強さを表わす単位
  ⑵ 物質が吸収した放射線量を表わす単位
  ⑶ 人体が受けた放射線の影響度を表わす単位
第二章 放射線の人体影響
 一 急性障害
 二 晩発性障害
  ⑴ 体細胞への障害
   ① ガン/白血病/固形ガン
   ② ガン以外の健康障害
    死亡への影響/発症への影響/免疫システム
  ⑵ 胎内被ばくによる障害
   ① 脳へのダメージ―精神遅滞
   ② 固形ガン
   ③ 遺伝子の突然変異
  ⑶ 原爆被災者の追跡調査研究の問題点
第三章 内部被ばくと外部被ばく
 一 ヨウ素とセシウム
 二 ラドン、宇宙線とカリウム四〇
第四章 身を守る法
 一 線量限度と摂取制限
 二 食品成分
  ⑴ ラクトフェリン
  ⑵ ミネラル
  ⑶ アルコール飲料
  ⑷ バナデート
おわりに

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。