書誌情報

放射性廃棄物―原子力の悪夢

ロール・ヌアラ[著]/及川美枝[訳]
四六判上製/232頁/2300円
ISBN978-4-8461-1206-6 C0036

 チェルノブイリが一つだけではなく、いくつもあることをあなたは知っているだろうか? また、過去に汚染された地域が何千年もの間、汚染されたままであること、使用済み核燃料の「再処理」は事実上存在しないこと、原子力産業は放射能汚染を「浄化」できないのにそれを隠していることを知っているだろうか?
 本書は私たちを、原子爆弾誕生の地=米国ハンフォードから、フランスのラ・アーグ再処理工場、ビュール廃棄物埋設処理施設、シベリアの果ての露天廃棄場など、世界の核のゴミ捨て場を巡る不安な旅に誘う。この長い旅の過程で、私たちが驚きと共に発見するのは、原子力産業が常に、原子力について議論する機会を、そして廃棄物を拒否する権利を、市民たちから奪ってきたという事実である。市民の意見を聞くなら原子力は生き延びられない。原子力は民主主義と共存できるだろうか?(2012.4)


■内容構成
日本語版へのまえがき フクシマを経験しつつある日本の友人たちへ
宇宙物理学者、ユベール・リーヴズの序文
まえがき
 チェルノブイリとエモーショナルな原子力

第一部 原子力産業、長期にわたる汚染
 ハンフォード、原子力誕生の地 
  ハンフォード、原爆の製造競走
  リッチランド、キノコ雲の町
  現状の確認
  放射能の釣り
  ヤカマ・インディアンから没収された土地
 ロシア、露天のゴミ捨て場
  マヤーク、ウラルの秘密の町
   放射能のスポンジ(吸収)
   爆発
   死の湖
   現在の汚染
  汚染地域における生活

第二部 不満足な技術的解決法
 再処理の実態調査
  フランス原子力半島の中心で
  再処理、あるいは、薪の補給方法
  理論と実際の違い
   四〇sの最終廃棄物(全体の四%)
   一〇sのプルトニウム(全体の一%)
   九五〇sの再処理ウラン(全体の九五%)
   再処理ウランの一五%、つまり、最初の一トンのうちのちょうど一四二・五s
 廃棄物の再処理は本当に必要なのか? 
  ラ・アーグと大量の汚染
  アメリカ、フランスの再処理技術の展望

第三部 封じこめられた民主主義
 ユッカ、蛇の山
  ユッカ、法律に封じ込められた場所
  ラスベガスと軍資金
 ビュール、法律にもり込まれた選択
  大理石のように冷たい法律
  レジスタンス
 問題の原子力ルネッサンス
  問題は人間?
  原子力産業のネック
 結論
 エピローグ

補遺
 用語リスト(本文中に*印で示されている用語) 
 参考文献
  図表1 アレバによる核燃料のサイクル
  図表2 廃棄物の分類
  図表3 世界の原子力発電所

謝辞

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。