書誌情報

どうなくす? 部落差別―3.11以降の差別を考える

塩見鮮一郎[著]
A5判変形/180頁/1700円
ISBN978-4-8461-1218-9 C0336

 3.11以降、福島から避難してきた子どもたちが「放射能がうつるから」といわれて遊んでもらえなかったり、避難住民がホテルなどの宿泊を断られたりする問題が続発した。
 本書は、「放射能差別」とも呼ばれる3.11以降の差別問題を通して、なぜ差別が生まれるのか、なぜいじめが絶えないのかを近代史のうちに探る。隠そうとする心が差別を助長させてないのか、そして水平社運動の原点に立ち帰って、どうすれば部落差別をなくせるかを提言する。(2012.10)


■内容構成

まえがき

T 3・11以降の差別
 Q1 部落差別と3・11とは関係しますか?
 Q2 「放射能差別」という言葉はなんですか?
 Q3 部落差別となぜ似ているのですか?
 Q4 差別は競争社会の産物ですか?
 Q5 部落差別は封建的遺制ですか?
 Q6 近代の部落問題の始まりは?
 Q7 経済成長はどういう変化を部落にもたらしましたか?
 Q8 地名総鑑と差別語問題は最後のテーマでしたか?
 Q9 二十一世紀の部落問題はどうなりますか?
 Q10 いじめは差別ですか?
 〈参考レポート〉「東日本大震災と福島第一原発事故をめぐって」(根本信行)

U 部落差別をどうなくすか
 Q11 「競争」と「差別」のちがいは?
 Q12 「美女コンテスト」は差別なのですか?
 Q13 本当に「職業に貴賎はない」のですか?
 Q14 心理的な差別と社会的な差別はどうちがうのか?
 Q15 差別は憲法に違反しているのですか?
 Q16 維新の変革期になにがおきたのですか?
 Q17 文明開化の強行で部落の運命は?
 Q18 部落差別は都市へ運ばれて行ったのですか?
 Q19 近代の文化が差別をふくむのはなぜですか?
 Q20 「表現の自由」と「差別語禁止」の関係は?
 Q21 差別はタブーフリーで解消するのでしょうか?

あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。