書誌情報

原発の底で働いて─浜岡原発と原発下請労働者の死

高杉晋吾[著]
四六判上製/216頁/2000円
ISBN978-4-8461-1402-2 C0036

 浜岡原発の下請労働者・嶋橋伸之さんは、原子炉の底で働いて白血病で亡くなった。死に疑問を持った両親は、白血病が放射線被曝によるものと確信すると、労災認定に立ち上がる。
その浜岡原発は、相良層といわれる軟弱地盤の上に立地し、世界一危険な原発といわれる。しかも、東海道の大動脈に位置し、もし事故が起これば、その被害は日本の致命傷となる。廃炉こそが唯一の選択肢である。
本書は、浜岡原発労働者の死を縦糸に、浜岡原発の危険性の検証を横糸に、そして、3.11 を契機に、経営者の中からも上がり始めた脱原発の声を拾い、原発のない未来を考えるルポルタージュ。
(2014.2)


■内容構成
はじめに─原発=国策、裏の真実
第一章 欺瞞と犠牲──伸之君と現地住民
 浜岡原発は一地方の問題か?/浜岡現地へ/原発労働者の死
 原子炉に煙突風のもの、これの正体は?
 佐倉原発対策協議会リーダー清水さんの話/伸之さんの周辺
 菅さん、ここだけは間違っていますよ!
 世界一の津浪対策防波堤の防御能力
第二章 原発と労働
 命を落とすのは市民。なぜ市民に分からぬ難解語を?
 対策協議会懇談会では5号機建設反対論が九七%
 息子のお嫁さんを新しい家で!夢を抱いて浜岡へ
 「ここに原発を作ってはいけない?」と元浜岡原発設計者!
 検査やり直し/今でも胸の奥に秘めたまま沈黙「誘致反対?」
 住民の反対意思を表した5号機反対意見書
 浜松医大病院に親子三人で行った
 ほとんどの住民の反対、5号機についての意見書
 原発放浪記の川上武志さん、意見書撤回の事情を証言
 浜岡原発が建つ地層/原発の末期症状、ECCS事故
第三章 絶望の労働、爆発招く取水塔
 浜松医大「顔がゆがみ、血まみれのベッド」
 制御棒駆動装置等がぶら下がる原発の鍾乳洞
 威圧感を感じた弔慰金交渉/平井憲夫さんとの出会い
 昨日まで「はまち」の養殖、今日は原発運転許可を出す?
 平井さんが美智子さんを訪問し、被曝手帳の存在を知る
 被曝差別、社員外労働者の被曝量の差
 南海トラフの直上に浮かぶ冷却水取水塔
 浜岡5号機に連発する重大事故
 南海トラフに起因する大掛かりな防災訓練
 連続する原発事故と労働者の死が結びつく!
 我が家から遠州灘へ「死の疾走」
 死んだ後に被曝線量が訂正された不思議
第四章 絶望を克服、戦いへの日々
 労災申請に踏み切るころ、労基署にて/放射線管理手帳訂正の謎
 事実を公に/宣戦布告、「もう引かない、賽は投げられた」
 原発労働現場/労災闘争の勝利、越えがたい相克を乗り越えた道のり
 約四〇万筆の署名! 実った共闘/御前崎病院が医者ゼロになった理由・
 浜岡原発が伸之さんを放射能で殺し、医療はその共犯者・
第五章 激論・死闘、中部電力対高杉晋吾
 世界保健機構(WHO)が示す医療常識/中部電力への質問
 中電、対策一年引延ばし。私への回答すべて反故
 私は白血病が原子炉内汚染職場に起因する証拠を見落としていた!
 伸之さんは年間法定限度の一〇倍被曝していた/脱原発の新しい道
第六章 経営者たちの脱原発171
 脱原発の城南信用金庫/小田原から広がる脱原発四〇〇社の発電組織
終 章 全国焦土作戦? 脱原発!
 原爆の道を開いた暴挙/原発軍事使用/原発からグリーン発電への道・

参考文献

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。