書誌情報

原発は滅びゆく恐竜である─水戸巌著作・講演集

水戸巌[著]
A5判上製/328頁/2800円
ISBN978-4-8461-1403-9 C0036

  原子核物理学者・水戸巌は、世界中が原子力発電の夢に酔っていた時代に、いち早く専門家として原子力発電の危険性を力説し、建設反対運動の現場に寄り添い、地域を駆け巡って反対を説き、反原発運動の黎明期を切り開き、その生涯をかけて闘いぬいた。
 原発推進派や御用学者たちの冷笑と中傷の中で、水戸巌は破局的事故が起きる可能性について理路整然と指摘し、周辺で生じる被害についても警告を発し続けた。彼の分析の正しさは、チェルノブイリ原発事故、福島第一原発事故で悲劇として、本人がもっとも望まない形で、ものの見事に実証された。
 本書は、彼の論文・講演・裁判関連の文章を集め構成したものである。その文章の端々から、フクシマ以後の放射能汚染による人体への致命的影響が驚くべきリアルさで迫ってくる。
(2014.3)


■内容構成
まえがき 小出裕章

T 反原発入門
 17の質問にこたえる 原子力発電はどうしてダメなのか
 原発はいらない

U スリーマイル島とチェルノブイリの原発事故から何を学ぶか
 働かない安全装置! スリーマイル島事故と日本の原発
  TMI原発事故とBWR
 チェルノブイリ原発事故の汚染規模
 チェルノブイリで一体何が起こったのか
 チェルノブイリ事故の衝撃 日本の原発も危険である
 もし東海原発が暴走したら……

V 原子力──その闘いのための論理
 原子力発電所──この巨大なる潜在的危険性
 原子力におけるエネルギーの諸問題
 原子力発電は永久の負債だ
  原発は原水爆時代と工業文明礼讃時代の終末を飾る恐竜である
 原子力──その闘いのための論理
 原子力船むつの「物理の次元」と「社会心理の次元」

W 東海原発裁判講演記録
 原発はこんなに危険だ
 原発の事故解析と災害評価
 チェルノブイリ原発事故と東海

あとがき 後藤政志

水戸巌に捧ぐ(1) 最も謙虚で、最も勇敢な人 武谷三男
水戸巌に捧ぐ(2) 水戸さんと私 久米三四郎
水戸巌に捧ぐ(3) 最後の思い出 高木仁三郎
水戸巌に捧ぐ(4) 水戸さんと学術会議闘争 菅井益郎
水戸巌に捧ぐ(5) オリオンは闘う 小泉好延
水戸巌に捧ぐ(6) 水戸さん、わたしは本当に悲しいよ 中山千夏
水戸巌に捧ぐ(7) 水戸様 追悼します 槌田 敦

特別寄稿
「原発は滅びゆく恐竜である」発刊に寄せて
 ─水戸巌と息子たち─ 水戸喜世子

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。