書誌情報

この身が灰になるまで─韓国労働者の母・李小仙の生涯

呉道[著]村山俊夫[訳]
四六判並製/272頁/2000円
ISBN978-4-8461-1404-6 C0031

 韓国では、長い間、軍事独裁体制がしかれ、労働運動もすさまじい弾圧のなかで闘われた。
 一九七〇年十一月十三日、全泰壹(チョン・テイル)は幼い労働者たちの待遇改善を求めて、わが身に火を放ち抗議の叫びをほとばしらせた。そして母、李小仙(イ・ソソン)はその日から息子の遺志を引き継ぐため、同じ境遇にあえぐ労働者たちと共に歩み始めた。幾度となく投獄され、拷問を受けても、生涯を彼らとともに闘い、生きぬいた……。
 本書はルポ作家、呉道(オ・ドヨプ)が二年間にわたり、ともに暮らしながら掘り起こした、彼女の八十一年の生涯の記録であり記憶である。韓国の労働運動・民主化運動の精神的支柱となったオモニ・李小仙の生きる姿と思いは、私たちに希望と感動を与えてくれる。
(2014.3)


■内容構成
目次
プロローグ

第1部 貧しかった日々、固い絆(1945年8月─1970年10月)
 李小仙の見た夢
 全相洙の絶望
 [オモニの部屋で@]記憶は息遣いの中にある
 中央市場、浮浪児たちの母
 双門洞二〇八番地
 テント教会
 泰壹に学んだ勤労基準法
 夫の最後の贈物
 [オモニの部屋でA]誰よりも安らかで、誰よりも厄介な人

第2部 炎の痕から立ち上がる人々(1970年11月─1971年9月)
 1970年11月13日
 燃え上がる叫び
 清渓被服労働組合
 大統領に会いに青瓦台へ
 屑菜粥と米の飯
 粉々になった朴正煕
 全泰壹の友人たち
 [オモニの部屋でB]それでも生きて闘わねば

第3部 暴圧の闇夜(1971年4月─1978年8月)
 張俊河、最後の日
 民青学連と人革党
 籠城の砦となった労働教室
 女スパイ
 水原矯導所の乾パンばあちゃん
 [オモニの部屋でC]言い尽くせないほど有難い人々

第4部 大路に躍り出た人たち(1979年10月─1986年5月)
 戒厳令、指名手配そして軍事裁判
 三人の孫たち
 全泰壹評伝
 [オモニの部屋でD]泣くのは辛いからだけではない
 取り戻した清渓労組と全泰壹記念館
 九老ゼネストとソ労連
 新興精密 朴永鎮の遺言
 平和の家籠城事件
 [オモニの部屋でE]差別なき世の中

第5部 美しき出会い(1986年8月─2008年11月)
 民主化運動遺家族協議会
 大宇造船 李錫圭
 子を亡くした親たちの寄る辺 ハヌルサム
 額縁の中の子どもたち
 [オモニの部屋でF]尽きることない物語

第6部 李小仙、幼い頃に(1929年12月─1945年8月)
 父
 [オモニの部屋でG]初めて涙を見た夜
 兄との別れ
 簡易学校で覚えた九九
 連れ子と呼ばれて
 やんちゃたれ
 紡績工場の辛い日々
 [オモニの部屋でH]李小仙は泣かない

エピローグ
訳者あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。