書誌情報

どんぐりの森から―原発のない世界を求めて

武藤類子[著]
四六判並製/212頁/1700円
ISBN978-4-8461-1407-7 C0036

 3・11以後、福島を中心とする地域で被曝しながら生きることを余儀なくされた多くの人たちが切実な思いを言葉にし続けている。著者もそのひとりである。著者は、福島の森を自ら開墾し、小さな喫茶店を営みながら、自然と寄り添い生きてきた。また、チェルノブイリ以後、脱原発の運動も長年続けてきた。
 本書は、そんな彼女が発信し続けた講演会や集会での発言をまとめたものである。あくまでも穏やかに紡いでゆく言葉は、多くの感動と反響を呼び起こしている。現在の困難に立ち向かっている多くの人の励ましとなれば幸いである。
(2014.5)


■内容構成
編者前書き
第一章 自然を求めた暮らし、しかし原発震災が襲ってきた
 1 三春町から……怒りの報告
 2 どんぐりの森から
第二章 3・11のあと、考えたこと
 1 3・11から今まで福島で見てきたこと
 2 質問を受けて
第三章 折りに触れての発言
 1 私たちは静かに怒りを燃やす、東北の鬼です
 2 それでも私たちは繋がり続ける
 3 一筋の光の川となって
 4 止むに止まれぬ思いの、一四名の子どもたち
 5 子どもを助けない国、子どもを助けない自治体
 6 ここは女風呂です
 7 経産省前テントひろば一周年に寄せて
 8 アクションプロジェクト武藤類子共同代表よりIAEAジル・チューダー報道官へ
 9 今、福島で何が起こっているのか
 10 三春に建設される環境創造センター
 11 「復興」は虚ろな言葉にしか聞こえません
 12 鮫川の焼却炉と塙のバイオガス発電
 13 「温度差」は作られる
 14 秘密保護法福島公聴会のこと、東電との交渉など
第四章 告訴団長として
 1 福島原発告訴団の結成
 2 福島原発告訴団一三二四人、福島地検へ告訴
 3 告訴の受理決定を受けて
 4 テントあおぞら放送
 5 私たちは繰り返される悲劇の歴史に終止符を打とうとする者たちです
 6 告訴一周年のテントあおぞら放送で
 7 告訴・告発人の皆さんへ:不起訴決定を受けての報告
第五章 人間らしく、生きるための脱原発
 1 島田恵監督の「福島・六ケ所・未来への伝言」を巡って
 2 やさしく怒りをこめて

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。