書誌情報

プロブレムQ&A─新 在日韓国・朝鮮人読本[リラックスした関係を求めて]

梁泰昊・山田貴夫[著]
A5判変並製/272頁/2000円
ISBN978-4-8461-1419-0 C0336

 在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチは、近年ますます激しくなってきている。日本人は、彼らの苦難の歴史を、あまりに知らなすぎる。植民地にされた朝鮮から彼らがどのようにして日本に渡り、また、戦時労働動員などによって強制的に日本に連れてこられたのか。そして民族差別と貧困のなかで、どうやって生き抜き、定住してきたのか。
本書は、在日韓国・朝鮮人の歴史と民族差別の現実を分かりやすくQ&Aで解説し、共生の道を考える。好評のロングセラーである旧版を全面的に書き改め増補改訂した。
(2014.12)


■内容構成
1 在日韓国・朝鮮人はどれぐらいいるのですか?
2 法的地位はどうなっていますか?
3 在日韓国・朝鮮人の国籍はどうなっていますか?
4 外国人登録とはどのようなものだったのですか?
5 日本国籍になった人もいるのですか?
6 在日韓国・朝鮮人はいつ頃、日本に来たのですか?
7 戦時労働動員はどのように実施されたのですか?
8 創氏改名とはどういうものですか?
9 解放前に日本国内ではどういう抵抗運動がありましたか?
10 在日韓国・朝鮮人は8・15をどのように迎えましたか?
11 解放後、どういう活動がありましたか?
12 民族教育はどのように広がっていったのですか?
13 小松川事件とはどのようなものですか?
14 北朝鮮への帰国運動とはどういうものですか?
15 寸又峡事件とはどういうものですか?
16 日立就職差別裁判とはどういうものですか?
17 「本名をなのる」とはどういうことですか?
18 母国とのつながりはどのように具体化していますか?
19 「国籍条項撤廃」とはどういうことですか?
20 「一九八二年体制」とはどういうものですか?
21 指紋押捺拒否運動とはどういうものですか?
22 帰化をしないのはどうしてですか?
23 戦後補償とはどういうことですか?
24 なぜ地方参政権を求めているのですか?
25 なぜ公務員になれないのでしょうか?
26 これからの在日韓国朝鮮人をどうイメージしますか?

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。