書誌情報

電力改革と脱原発

熊本一規[著]
四六版上製/200頁/2200円
ISBN978-4-8461-1420-6 C0036

 政府の「エネルギー基本計画」は原発を「重要なベースロード電源」と位置づけるが、原発がなくても電気は足りるし、原発は高コスト、かつ「ベースロード電源」の要件を満たせない失格電源である。
 そのうえ、電力改革に伴い、発電事業が自由化されるため、原発は淘汰されていく。同時に、小売事業も自由化されるため、消費者は不買運動で原発企業を潰せるようになる。
 また国は、放射能で汚染された廃棄物の規制を大幅に緩和し、通常廃棄物と同様に処理・リサイクルを行なえるようにして、汚染を全国に拡散させている。しかし、こうした国の原発企業救済策も電力改革後には不可能になる。
 本書は、政府のまやかしの論理を理論的・実証的に論破し、脱原発・脱汚染こそが未来のエネルギー・環境政策の基本であることを立証する。
(2014.12)


■内容構成
はじめに
第1章 エネルギー基本計画を批判する
 1 原発は「重要なベースロード電源」
 2 ベースロード電源とベストミックス論
  (1) ベースロード電源とは何か
  (2) ベストミックス論とは何か
 3 原発は失格電源である
  (1)  ベースロード電源は劣った電源である
  (2) 原発はベースロード電源としても失格である
 4 「原発の電気は安い」は誤りである
  (1) モデル試算の検討
  (2) コスト等検証委員会報告書
  (3) コスト等検証委員会報告書の検討
 5 核燃料サイクルは不経済
  (1) 核燃料サイクルとは何か
  (2) 直接処分の優位性は明白
  (3) 核燃料サイクルを断念しない政治的理由
第2章 電力システム改革とは何か
 1 名ばかりの電力自由化
  (1) 地域独占の根拠は「規模の経済」
  (2) 電力自由化の進展
  (3) 電力自由化の担い手は新電力
  (4) 新電力の伸びを阻むもの
  (5) 規制なき独占
 2 「名ばかりの電力自由化」から電力システム改革へ
  (1) 「規制なき独占」から競争状態へ
  (2) 非対称規制が必要
  (3) 垂直統合型から構造分離型へ
  (4) ディマンドレスポンス
  (5) 価格シグナルによる需給調整
  (6) 電力システム改革専門委員会報告書
  (7) 電力システム改革の工程
第3章 電力システム改革は脱原発を促進する
 1 電力システム改革と原発の新増設
 2 電力システム改革と原発の再稼働
 3 電力システム改革に伴う原子力損害賠償制度の大転換
  (1) 原子力損害賠償法の仕組み
  (2) 福島原発事故の補償
  (3) 電力システム改革後は破綻処理が当然になる
第4章 放射能汚染の拡散と脱汚染 125
 1 がれき広域処理による放射能の拡散
 2 「放射性物質により汚染された廃棄物」の処理制度
  (1) 「放射性物質により汚染された廃棄物」とは
  (2) 特定廃棄物は国が処理
  (3) 特定一般廃棄物・特定産業廃棄物は市町村・排出企業が処理
 3 特定廃棄物の処理による放射能拡散
  (1) 焼却による拡散
  (2) 埋立による拡散
 4 不法投棄による放射能拡散
 5 リサイクルによる放射能拡散
 6 環境法改正は放射能汚染を防げない
  (1) 環境基本法の改正
  (2) 個別環境法の改正
  (3) 監視だけでは汚染を防げない
 7 脱汚染の道筋
  (1) 電力システム改革が放射能拡散政策を変える
  (2) 帰還強制は殺人にも等しい暴挙
  (3) 脱汚染の鍵は「避難の権利」
あとがき
索引

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。