書誌情報

惨事ストレス―救援者の心のケア

『惨事ストレス』編集委員会[編著]
四六版並製/216頁/2000円
ISBN978-4-8461-1421-3 C0036

 阪神・淡路大震災で初めて問題になった「惨事ストレス」は東日本大震災で深刻化しています。消防士・警察官、自衛隊員、自治体職員、教職員、ボランティアなどの救援者が、被災地の悲惨な現実を目の当たりにし、さらに先が見えない復興活動のなかで心身が疲弊し、体調を崩して心の病に陥り、自殺者まで出ています。
 本書は、この救援者の「惨事ストレス」の現状を捉えなおしながら、心のケアを考えます。
(2014.12)


■内容構成
はじめに
第一部 震災後の教職員の心のケアについて
 教職員の心のケア:向明戸静子(日本教職員組合執行委員)
  子どもたちの心のケア
  「がんばろう!」「絆」の裏側で
  被災地教職員の疲弊
  被災地教職員のメンタルヘルス対策
  学校という職場、労働者としての教職員

第二部 神戸から東北へのメッセージ
[震災と心のケアを考えるシンポジウム]
 基調講演「復興期の心のケア」:岩井圭司(兵庫教育大学大学院教授)
  失敗をなるべく繰り返さないでいただきたい
  復興期に一番大切なのは自殺対策
  生活ストレス対策を
  生真面目は心の健康にとってよくない
  PTSDを見落とされている人がいる
  忘れないということ
[パネルディスカッション]
 被災者と喜びを分かち合えるために
  家族の安否確認もできないまま市町村支援に
  職員数百七十六人の町に全国から
  九十九人が支援派遣
  行政がこんな惨めな組織なのかと実感
  惨事ストレスを考える勉強会の一カ月後に東日本大震災
  増える業務に「とにかく休みたい」
  被災地に焦りが出てきている
  一週間に一日の休みを勝手に強行
  「人を救うのは人しかいない」
  自分と仲間を思いやる気持ちを持ち続ける
  自治体の職員に元気がないと町も元気になれない

第三部 惨事ストレスとは
 体調不良は、災害という「異常な事態への正常な反応」:千葉茂(いじめ メンタルヘルス労働者支援センター代表)
   はじめに
  軍隊の惨事ストレス
   戦争が作り出す「戦争神経症」
   デブリーフィング
   傾聴が大切
   日本兵の戦争神経症
  消防士・警察官の惨事ストレス
   惨事ストレスとは
   消防士の具体的惨事ストレス対策
   東日本大震災での具体的惨事ストレス対策
   IES - R(心的外傷性ストレス症状を測定するための自記式質問調査)
   アンケート結果 
  自治体労働者の惨事ストレス
   震災直後のストレス
   『一〇〇〇時間後のあなたへ』
   「侵入被災者」
   復興期を襲うストレス
   《何よりあの震災を生き延びたのだ。我々は生きなければならない》
  教職員の惨事ストレス
   阪神大震災の時、『泣き虫先生』のクラスではストレスの回復が早かった
   「(心の)災害は忘れた頃にやってくる」
  報道人の惨事ストレス
   アピール 新聞記者の震災記事が書けないという思いは記者魂≠ェあるから
   おわりに

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。