書誌情報

沈黙の環─版画家・木原康行と私たちのパリ物語

木原千珂[著]小沢君江[協力]
四六判上製/248頁/2200円
ISBN978-4-8461-1506-7 C0095

 30歳過ぎから聴力を失いながらも、パリで画と版画に命を削り、ビュラン(彫刻刀)で描いた銅版画で高い評価を受けるようになった木原康行は、68歳の時、オーギュスト・ロダンが初代会長を務め、25名しか枠のない、フランス画家版画家協会の正会員に選ばれる。
 本書は、妻で画家でもある千珂が、連れ添った日々を振り返って綴った、ある版画家家族の物語である。何のあてもなく渡仏し、異国パリでの慣れない暮らしや振り回してしまった娘たちのこと、個展を目指して日本とパリに別れながらの夫婦の往復書簡や思い出の旅など、画界に認められるまでの苦労も含め、連れ添った60年を語っている。
(2015.4)


■内容構成
康行の死、私の白い道
木原家と名寄
出生、少女時代、戦争
女子高校・大学時代
魔の一夜
家庭生活
パリ第一歩
日本での画廊探し、個展
東京・パリ間の航空書簡
美珂にとってのパリ
千春の学校生活
手紙の対話(一九七四年〜七九年)
ネパール、インドの旅
ドイツ旅行
康行の体調の変化
家族にとっての悲運
康行の日本滞在
ガイドの仕事
ニューヨークにて
パリでの展覧会、康行の南仏滞在
アイルランドの旅
ギリシャの旅
エリザベートのこと
リエデルの支援
ブルターニュの旅
フランス画家版画家協会
旭川美術館回顧展
最期の日々
『パリ ノート』から抜粋
『沈黙の環』の出版に寄せて

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。