書誌情報

逆転の教育—理想の学びをデザインする

ラッセル・L・エイコフ/ダニエル・グリーンバーグ[著] 呉春美/大沼安史[訳]
四六判並製/320頁/2400円
ISBN978-4-8461-1605-7 C0037

 なぜ、いじめ自殺や不登校がなくならないのか。それはいまの学校システムが本来の教育とは「真逆」に転倒したものであるからだ。「間違ったこと」を「正しく」強引に推し進め、ますます子どもたちの可能性を破壊している。では学校システムのどこがどう間違っており、どうすれば個々人の可能性を取り出し発展させ、生涯にわたる「学び」を引き出す本来の姿によみがえらせることができるか。
 本書は「問題解決のアインシュタイン」と呼ばれた、世界トップのビジネススクール、米国ウォートン校(ペンシルバニア大学)のカリスマ経営学者と、世界に広がる「デモクラティック・スクール運動」の第一人者が、倒錯した現状を建て直し、学校、大学・大学院のあるべき姿を現実的かつ具体的にデザインした、起死回生、逆転と希望の青写真である。
(2016.4)


■内容構成
序 この本はなぜ、生まれたか。どのように書かれたか
日本語版への序
はじめに 教育とは?

パート1 教育システムのどこが間違っているのか􁴹􁴹􁴹
 1 学ぶこと 教えること
  教え込むことで学びは混乱する/学びたいと思い始める/パソコンと教育
  何を学ぶのか
 2 教室という環境
  テストとは/問題を解決する/問題を処理する/創造性
 3 教科と分野
  区画化されたカリキュラム/科学と人文/先のニーズはわからない
 4 この新しき世界
  古き世界で/あたらしい世界/思考革命
 5 反デモクラシーの学校教育
 6 変化に抵抗するもの

パート2 教育に役立つもの
 7 発展した社会が個人の自己実現のために提供できる環境とは
 8 リベラル・デモクラシー環境が個人の自己実現に特に求めるもの
 9 自分の教育に、どう貢献するか?
 10 芸術の占める位置

パート3 生涯教育の理想のヴィジョン
 11 わたしたちは理想の教育環境を心に描かなければならない。その理由は何か。どう思い描くべきか
 12 就学前をどうするか?
 13 幼稚園から高校(K-12)まで
 14 大学、大学院での学び
 15 教育と人生
 16 「引退」なき老後

パート4 補論 理想の学校に資金を回す

付録 サドベリー・バレー・スクール物語
 これが現実/理想に向かって進んでいく

あとがき
訳者あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。