書誌情報

パリ・エコと減災の街

竹原あき子[著]
四六判上製/204頁/2500円
ISBN978-4-8461-1609-5 C0036

 パリ郊外のモダンな公営住宅は移民や低所得層で占められ、「火薬庫」と呼ばれる。この社会矛盾を克服するため、貧しい人とそうでない人が一緒のアパートに住めば暴動もテロも減るだろう──との思想で、地域や住宅での社会的混在を目指すミキシテ・ソシアル政策が進められている。
 2001年にパリにドラノエ市長が生まれると、パリは大規模開発から環境重視へと舵をきる。中心部に低所得者住宅を建設し、自転車が走る職住接近のエコの街、街角の空き地の坪庭、セーヌ河岸の浜辺など、セーヌ川を核に緑化・エコ・福祉の街へ再改造されつつある。またルーブル美術館別館を廃鉱の街に建設するなど、フランスの最新の都市デザイン政策を現地レポート!
(2016.6)


■内容構成
1 はじめに─惨敗の五十年
 「憎しみ」の公団住宅/遅すぎたミキシテ─テロを育てた公団住宅
 天国から地獄へ/階級差は水平と垂直/過去に戻るかミキシテ・ソシアル
 「モダニズム建築は死んだ」
2 パリエコ政策:前ドラノエ市長
 市長不在のパリ・26/ドラノエ市長・27
3 パリの坪庭
 隙間緑化は絆か?/デジタル樹木
4 エコから減災のデザイン
 エコと福祉と観光のパリプラージュ/セノグラフィー/貧しい子供に
 協力企業、サポーター/パリプラージュはリサイクルで
 すべてタダ、これが人気の原点。/仮設、可逆であること(réversibilité)
5 ベルジュ・ド・セーヌ(BergedeSeine)
 すべては可逆だ(réversibilité、元に戻す)/二十四時間以内に解体移動の橋
 水位八メートルに耐える浮き庭/パリの広場のベルジュ・ド・セーヌ
6 ショブレは語る
 増水を迎え撃つ減災都市計画/困ったことはいくつもありました
 福島に提案する/愛される街の条件は?
7 ユースホステルが発電所
 パリ・イヴ・ロベール(YvesRobert)/エキナカじゃないユースホステル
 記憶を消さない/省エネと水と庭/カフェ、レ・プチット・グット「雫」
 (Lespetitesgouttes)/ZAC計画/ZACパジョール・
8 パリの子供公園は大人目線で
 合い言葉は「外で遊ぼう」/管理はパリ市職員/安全は一歩さがった入り口の柵
 見張りベンチと保護者/ふわふわ地面と年齢指定/環境に負担をかけない
 公園にエコラベル/「分かち合いの庭」ブランマントー公園/隠れ公園
 美術館に「野菜庭園、ポタジェー」/庭祭り(FêtedesJardins)
9 野生の側に立つ
 人間の実寸から/「緑」は「自然」ではない/三層重ね、三スタイル住宅
 柔らかいダウンコートのアパート/パリではじめて、空に緑を描く
 竹の公団住宅/「成長する家」森になる集合住宅/高価なチタンを使って
 パリの長屋(エデン・ビオ)/ペーパー建築家だった
 バリエール・フーケ・ホテル:一九世紀を二一世紀に翻訳
 高さは皆のため、太陽は皆のグリーン・クラウド・
10 世界遺産パドカレ炭鉱盆地
 ルーブル美術館別館:炭鉱の竪坑/炭鉱盆地を遺跡に/快適が炭鉱住宅の戦略
 フランス風ぼた山緑化/自然が工業都市をむしばむ、逆転の発想
11 廃墟から名所へ「プール美術館」
 「ラ・ピシーヌ(LaPiscine)」/水がテーマ/テキスタイル産業遺産
あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。